ビーズ

ビーズアクセサリーデザイナーとは【難易度・費用・取得方法】

ビーズアクセサリーデザイナーとは、日本デザインプランナー協会(JDP)により認定される資格です。

天然石に関する知識の他、ビーズに関する知識やテクニックが一定以上の人が認定されます。

この記事ではビーズアクセサリーデザイナー資格の難易度や口コミ、学習方法などについて解説します。

実施機関日本デザインプランナー協会(JDP)
難易度70%以上の正答率
受験料10,000円
独学で取得可能か
管理人・茜
ビーズ資格を考えている方は要チェック♪

ビーズアクセサリーデザイナー資格取得のメリット

ビーズアクセサリーデザイナー資格を取得するメリットは下記の通り。

メリット

  • ハンドメイド作家として活動できる
  • 販売員として活動できる
  • スクール講師として活動できる

詳しく解説していきます。

ハンドメイド作家として活動できる

ビーズアクセサリーは無資格でも作成が可能です。

しかし資格取得の学習することで、基礎から応用まで、幅広い内容の知識が身につきます。

様々な作品作りに挑戦できるので、バリエーションも増え、作品のクオリティもアップ

また、作成したビーズアクセサリーは、資格取得によって「資格を持った人が作った作品」となります。

お客様からの信頼度も変わってくるので、作品の販売を考えている方は資格取得がオススメです。

販売員として活動できる

手芸店、ビーズショップなどで販売員として仕事ができます。

販売員も無資格で就労が可能。

しかし、しっかりとした知識を持っていれば、お客様が商品を選ぶ際などにオススメの商品などを助言できます。

ビーズのプロフェッショナルとして、勤務先やお客様から信頼される存在になれるでしょう。

資格取得後、店舗内でワークショップを開いている方もいるようです。

スクール講師として活動できる

ビーズアクセサリーデザイナーは講師資格です。

その為、資格取得後は自宅やカルチャースクールで講師として活躍することも可能です。

資格がなくても講師は可能です。

しかし集客する場合資格取得することで受講者の信頼感が変わってきます。

講師として活躍したい方は取得した方が良いでしょう。

趣味でビーズアクセサリーを作成している方ももちろん受験可能です。

クオリティの高いビーズアクセサリーはプレゼントなどにも喜ばれます。

しかし、ビーズアクセサリーデザイナー資格は、副業・転職に有利な資格。

その為、資格取得はハンドメイドを仕事にする第一歩です。

ビーズアクセサリーデザイナーになる為の学習方法は?

ビーズアクセサリーデザイナーになる為の学習方法は主に2つ。

それぞれのメリット・デメリットを解説します。

独学のメリット・デメリット

独学のメリット

  • 費用が抑えられる
  • 学習時間が自由…短時間でも、長時間でも自由に学習時間を設定

テキストは自身に合ったものを選定できます。

また、道具なども自身で自由に選べ、費用が抑えられるのが特長です。

最近では動画サイトでも、ビーズ作品について解説しているものがあり、手軽に学習を始められます。

通信講座にあるような受講期間などの制限もない為、マイペースな学習が可能。

ビーズアクセサリーを作成し始めて、数年たってから受験する方もいます。

独学のデメリット

  • 質問ができない…
  • 知識・技術が偏りがち

疑問点に関しては自身で解決する必要があります。

その為、誰かに指導してもらえる環境の方が、学習がスムーズにいきます。

また、指導・助言してくれる人がいない為、知識が偏ってしまうことがあります。

作品のデザインなどに行き詰ってしまうことも。

その為、作家や講師志望の方にはあまりおすすめできない学習方法です。

通信講座メリット・デメリット

メリット

  • 要領よく学べる
  • 質問サービスがある

資格取得に必要な知識・技術が順を追って学習できます。

基礎から応用までを満遍なく学べるので、効率的な学習が可能

資格取得への近道と言えます。

また、無料の質問サポートがついている講座が多数です。

その為、学習中の疑問点を残さず受験に望めます。

添削指導をしている講座も多く、講師からアドバイスをもらえる機会があるのも良いポイントです。

デメリット

  • 独学に比べ高額
  • 受講期間がある

数万円の受講料を必要とするため、独学に比べ費用がかかります。

数か月の受講期間を設定している講座が多いです。

受講期間が過ぎてしまうと、受講料が無駄になってしまう可能性も。

延長サービスもあるので、心配な方は事前に確認しましょう。

管理人・茜
取得できるスキルや学習の効率などを総合的に見ると、通信講座での学習がおすすめです。

ビーズアクセサリーデザイナー資格のオススメ通信講座

ビーズアクセサリーデザイナーの通信講座はいくつかありますが、その中でもおすすめの講座を紹介します。

SARAビーズアクセサリーデザイナー資格取得講座

通信講座SARAスクール
講座名ビーズアクセサリー資格取得講座
価格基本コース…59,800円(税込)
プラチナコース…79,800円(税込)
受講期間標準6か月(最短2か月)
資格試験基本コース…自己受験
プラチナコース…免除
取得できる資格ビーズアクセサリーデザイナー
ビーズアーティスト
メールサポートあり

SARAビーズアクセサリーデザイナー資格取得講座は、資格協会公認の通信講座です。

こちらの講座ではビーズアクセサリーデザイナーの他、ビーズアーティストの2つの資格の同時取得が目指せます。

最大の特長は確実に資格が取得できるプラチナコースがある事。試験免除で2資格の取得が可能です。

無料のメールサポートもあり。

受講期間内であれば何回でも質問できるなど、サポート体制も万全です。

管理人・茜
SARAの講座についてはコチラで詳しく解説!

ビーズアクセサリーデザイナー資格試験の難易度

受験者数、合格率は公表されていませんが、70%以上の得点を取ると合格できます。

SARAビーズアクセサリーデザイナー資格講座のように、指定の講座を修了する事での取得も可能です。

難易度はそこまで高くないと言えます。

ビーズアクセサリーデザイナー資格の評判・口コミ

実際に資格を取得した方の声を紹介します。

趣味と実益を兼ねて活動しています

趣味でビーズアクセサリーを作っていましたが、ビーズアクセサリーデザイナーの資格を取ったことで、自分の技術に自信が持てるようになりました。作ったアクセサリーをネット販売する副業を始めた所好評で、今はショップからも声をかけてもらえるようになりました。資格を持っていることでアピールにもなり、取得して良かったです。

自信を持って働けるようになりました。

天然石の販売をしています。天然石は、組み合わせてネックレスやブレスレットにして身につける事で様々な効果をもたらしてくれますが、お客さんにどれを選んだらよいか聞かれたとき、正しい事を伝えられているのか不安でした。そこでしっかりと石のことを学ぼうと思い勉強しました。資格を取得したおかげで、天然石の効果をより詳しく知る事ができ、自信を持って接客できるようになりました。

ビーズアクセサリー資格のビーズアクセサリーデザイナー認定試験 | 日本デザインプランナー協会 (designshikaku.net)

資格を取得したことで、作家活動などがうまくいくようになったという口コミが多く見られました。

ビーズアクセサリーデザイナー資格の受験費用

受験料は10,000円(税込)です。

在宅での受験が可能なので、試験会場に出向かなくてよいのも嬉しいポイントです。

2か月に1度の頻度で試験が行われており、翌々月に合否発表があります。

ビーズアクセサリーデザイナー資格のまとめ

実施機関日本デザインプランナー協会(JDP)
難易度70%以上の正答率
受験料10,000円
独学で取得可能か

ポイント

  • 取得することで、転職や副業に活かせる
  • 学習方法は通信講座がおすすめ
  • 通信講座のおすすめはSARAスクール
  • 難易度はあまり高くない

ビーズアクセサリーデザイナーの資格取得には、通信講座での学習がおすすめです。


管理人・茜
他にもビーズ資格はもりだくさん!コチラもチェック♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!


-ビーズ
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~