ビーズ

ビーズアーティスト資格とは【難易度・費用・取得方法】

作家活動や講師活動をしたい方は、是非取得しておきたいハンドメイド関連の資格。

今回はその中でも「ビーズアーティスト資格」についてまとめました。

管理人・茜
資格取得を考えている方の参考になれば幸いです。

ビーズアーティスト資格とは?

ビーズアーティスト資格とは、日本インストラクター技術協会(JIA)により認定される資格です。

ビーズアクセサリーの作成及び、作成に必要な知識と技術を指導できる人に認定されます。

講師資格のため、資格取得後は知識を活かした講師活動が可能。

他のビーズ資格と異なる点として、天然石に関する知識も問われる事が挙げられます。

通信スクールのキャリカレでも「ビーズアーティスト」という資格が取得できますが、主催者がJADPで別資格となっています。

今回の記事では日本インストラクター技術協会のビーズアーティスト資格について解説します。

管理人・茜
キャリカレのビーズアーティストについてはこちらをご覧ください。

ビーズアーティスト資格取得のメリット

ビーズアーティスト資格を取得するメリットは以下の通り

ポイント

  • 作品のクオリティが上がる
  • 就職に便利
  • 講師活動や作家活動ができる

詳しく解説していきます。

作品のクオリティが上がる

資格取得の学習を通して、さまざまな技法が身につくのも特長です。

試験範囲となっているアクセサリーの種類は、ネックレス1つをとってもたくさんの種類があります

色々な作品作りに挑戦できるため、バリエーションを増やす事も可能です。

管理人・茜
デザインがマンネリ化している方にもおすすめできます。

就職に便利

ビーズアーティスト資格を取得する事で、ビーズショップや手芸店などへの就職にも役立ちます

資格は履歴書にも記載が可能。

無資格でも就労はできますが、しっかりとした知識を身につけていることで、お客さんへ的確な助言ができます。

ビーズのプロフェッショナルとして、お客さんや店舗からも信頼してもらえる事でしょう。

講師活動や作家活動ができる

無資格でも作家活動はできますが、資格を保有している事でお客さんからの信頼も得やすくなります。

また、講師資格のため、資格取得後は講師活動も可能です

自宅やカルチャースクールなどでの開講ができ、特定の曜日だけの開講もできるため、副業にもおすすめです。

講師活動も無資格でする事ができますが、集客の事を考えるとあまり現実的でないと言えます。

資格取得者の口コミ

ビーズアーティスト資格を取得した方の口コミを紹介します。

口コミはビーズアーティスト | 日本インストラクター技術協会 (jpinstructor.org)より。

ビーズアクセサリーをもっと広めたいです

ビーズアクセサリーを作るのが趣味で自己満足のために作っていましたが、この経験をもとにこの楽しさを人にも広めたいと思い資格取得しました。今ではカルチャースクールで講師をしています。

ビーズアクセの教室を開く予定です

ビーズアクセの作成が大好きで時間がたつのを忘れてひたすら作っていました。知り合いの方に教室を開いたらと言われ、その予定でこちらの資格を取得いたしました。スムーズにとれて良かったです。

資格取得後は作家や講師として活動する方も多いようです。

ビーズアーティスト資格を取得する事は、ハンドメイド作家になる第一歩と言えるでしょう。

ビーズアーティスト資格の試験内容

ビーズアーティスト資格試験概要を紹介します。

実施機関日本インストラクター技術協会
難易度70%以上の正答率
受験料10,000円
独学で取得可能か

試験頻度は2カ月に1度となっており、偶数月に開催されています。

規定の試験期間に受験し、期限までに返却用の封筒で郵送。

試験の翌々月にHP上にて合否結果の照会が可能となります。

出題内容としては、アクセサリーの制作に関わる技術、知識や天然石に関する知識が問われます

問題数・合格率などは公表されていません。

しかし、在宅受験ができ、満点を取らなくてもいいため、しっかりと学習すれば十分に合格が狙えると言えるでしょう

ビーズアーティスト資格の学習方法

ビーズアーティスト資格取得の為の専門学校はなく、主な学習方法は独学か通信講座となります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

独学のメリット

メリット

  • テキスト・材料が自由
  • 学習時間も自由

テキスト・材料が自由

自分の好きな本をテキストとして学習が可能です

また、道具やパーツも自分の好きなものを選定できるため、選ぶ楽しみを持つ事ができます。

学習時間も自由

自分の好きな時間に学習ができます。

通信講座のように受講期限もないため、マイペースに学習したい方におすすめです

独学のデメリット

デメリット

  • 資格取得に特化したテキストがない
  • 知識や技術が偏る

資格取得に特化したテキストがない

資格取得のためのテキストや問題集などは市販が確認できませんでした。

そのため、一般の書籍をもとに学習し、試験に臨む必要があります

疑問点についても自分で解決しなくてはならないため、遠回りになってしまう可能性も。

知識や技術が偏る

間違いを指摘してくれる人がおらず、知識が偏ってしまいがちです

そのため、講師活動をしたい方などには不向きな学習方法と言えます。

通信講座のメリット

メリット

  • 無駄のないカリキュラム
  • 質問サービスがある

無駄のないカリキュラム

資格取得に特化したカリキュラムが組まれているため、効率的な学習が可能です。

添削指導などもあり、プロに指導を受ける機会もあるため、独学より早く上達できます。

質問サービスがある

ビーズアーティスト資格を扱う通信講座は複数あり、無料の質問サービスを設けている講座が多いです。

メールなどで手軽に質問ができ、自分で調べるよりも早く疑問が解決できます

そのため、学習もスムーズに進み、自信を持って試験に臨む事ができる事でしょう。

通信講座のデメリット

デメリット

  • 受講期限がある
  • 独学に比べて高額

受講期限がある

通信講座での学習は時間に融通がききますが、独学に比べて時間の自由度は低いです

受講期限を過ぎてしまうと料金が無駄になってしまう可能性もあります。

独学に比べて高額

数万円の費用がかかるため、独学に比べて学習費用がかかります

受講料に加えて添削指導に必要な送料なども自己負担の講座もあるため、事前に確認するといいでしょう。

 

学習時間の自由度や価格では独学に劣るものの、習得できるスキルを考えると通信講座での学習が資格取得への近道です。

管理人・茜
当サイトのおすすめ通信講座はSARAスクールです。 以下にビーズ資格取得講座を紹介します。

資格取得ならSARAスクールビーズアクセサリー講座がおすすめ

通信講座SARAスクール
講座名ビーズアクセサリー資格取得講座
価格基本コース…59,800円(税込)
プラチナコース…79,800円(税込)
受講期間標準6か月(最短2か月)
資格試験基本コース…自己受験
プラチナコース…免除
取得できる資格ビーズアクセサリーデザイナー
ビーズアーティスト
メールサポートあり

SARAスクールのビーズ資格取得講座は、2資格の同時取得が目指せる講座となっています。

1日30分と短時間の学習でも、半年間での卒業が可能です。

問題集や模擬問題集もついており、試験対策も万全。

更に講座最大の特長として、確実に資格取得ができるプラチナコースの存在があります

卒業課題の提出で試験免除での資格取得が可能です。

教材もプロの監修で充実しており、大変人気の講座となっています。

管理人・茜
SARAスクールのビーズ資格取得講座はこちらで詳しく解説しています。

まとめ

実施機関日本インストラクター技術協会
難易度70%以上の正答率
受験料10,000円
独学で取得可能か

ポイント

  • ビーズアーティスト資格の取得後は、作家活動や講師活動ができる
  • 試験は70%以上の正答率で合格
  • 学習方法は通信講座が良い
  • 通信講座のおすすめはSARAスクール

ビーズアーティスト資格を取得する事で、作品作りや活動の幅も広がります。

趣味として楽しみたい方にも、ビーズ関連の仕事をしたい方にもおすすめの資格です。

SARAスクールの講座を受講して、資格取得をめざしませんか?

その他ビーズ資格はこちらで紹介しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-ビーズ
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~