ビーズ

ビーズアクセサリー資格比較5選!おすすめの通信講座は?

日常使いからフォーマルなシーンまで、さまざまな場所で活躍するビーズアクセサリー。

近年人気は高まっており、自身で作品を手掛ける方も増えています。

中には、作家としてネットやイベントなどで販売をしている方も。

ビーズアクセサリーを本格的に学びたいと思っている方の中には資格取得を考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ビーズ資格と一言でいってもたくさんの種類があり、認定機関もさまざま

この記事ではビーズ資格の種類の紹介や、資格取得を勉強するための通信講座について解説します。

管理人・茜
ビーズ資格で悩んでいる方はぜひ参考にしてください

ビーズ資格を学ぶメリット

ビーズアクセサリーを作るだけでしたら資格は不要です。

しかし、ビーズ資格取得すると多くのメリットがあるのです。

資格の種類を説明する前にビーズ資格を取得するメリットをまとめます。

ビーズ資格取得のメリットは次の通り。

メリット

  • 作品のクオリティが上がる
  • ビーズアクセサリー作家として活動できる
  • アドバイスができるアクセサリー販売員になれる
  • 講師として活動できる

詳しく解説していきます。

作品のクオリティが上がる

ビーズアクセサリー作成の正しい知識を身につける事によって作品のクオリティが上がります

クオリティの高い作品はプレゼントにも喜ばれます。

資格取得ための勉強をすることで、さまざまな作品作りにも挑戦。

作品のバリエーションも増えます

独学でデザインなどに行き詰った方にもおすすめです。

ビーズアクセサリー作家として活動できる

ビーズアクセサリーはWEBショップや雑貨店など、さまざまな場所で販売されています。

ビーズ作品は無資格でも作成ができます。

しかし、手掛けた作品は、資格取得によって「資格のある人が作った作品」となります。

資格があることでお客さんからの信頼度も高くなることでしょう。

売り上げなどが変わってくることもあるようですよ。

販売を考えているのであれば資格は取得した方がいいでしょう。

アドバイスができるアクセサリー販売員になれる

アドバイスができるアクセサリー販売員になれるビーズショップや手芸店で販売員として活躍できます。

こちらも無資格でも就労することはできます。

しかし、履歴書に所持資格として記載可能な為、就職・転職にも有利。

また、ビーズアクセサリーの正しい知識を持っていることで、お客さんが商品を選ぶ際に的確なアドバイスができます。

ビーズのプロフェッショナルとして店舗やお客さんからの信頼も得られるでしょう。

講師として活動できる

資格取得後はビーズアクセサリーの講師として活動できます。

自宅やカルチャースクールで教室を開講できる他、イベントなどでもビーズ教室は人気

無資格でも講師はできますが、資格取得により肩書を付けられます。

肩書がつくことで、より信頼感が高まります

集客などを考えると資格取得はした方がいいでしょう。

管理人・茜
資格がなくてもできることだからこそ、資格があったほうがより有利になります♪

ビーズ資格の種類は?内容を比較

ビーズ資格にはさまざまな種類があります。

ビーズに関しての知識や技術に自信のある方は、試験のみを受ける事も可能です。

しかし、資格によっては特定の通信講座を受講しないと取得できないものもあるため、事前に確認が必要です。

主なビーズ資格は次の5つ。

資格名主催者
ビーズアーティスト日本インストラクター技術協会
ビーズアクセサリーデザイナー日本デザインプランナー協会(JDP)
ビーズアーティスト資格日本能力開発推進協会(JADP)
ビーズアートステッチオールアバウトライフワークス
ハンドメイドアクセサリー認定講師PBアカデミー

詳しく解説していきます。

(受験料はすべて税込)

ビーズアーティスト

実施機関日本インストラクター技術協会
難易度70%以上の正答率
受験料10,000円
独学で取得可能か

以前は「ビーズアクセサリーインストラクター」という名称だったビーズアーティスト

ビーズアクセサリーの作成に必要な知識や技術があり、他者に指導可能であるレベルの方に認定されます。

こちらは講師資格なので取得後は講師活動が可能

受験資格は特にないので、一般の方でも受験ができます。

合格率や受験者数は公表されていませんが、70%以上の正答率で合格となります。

ビーズアクセサリーデザイナー

実施機関日本デザインプランナー協会(JDP)
難易度70%以上の正答率
受験料10,000円
独学で取得可能か

日本デザインプランナー協会(JDP)認定のビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーに必要な知識や技術が一定以上の方に認定される資格です。

ビーズに関するテクニックの他、天然石に関する知識も問われるのが特徴。

こちらも受験資格はないので一般受験が可能。

こちらも合格率は公表されていませんが、70%以上の正答率で合格となります。

ビーズアーティスト資格

実施機関日本能力開発推進協会(JADP)
難易度70%以上の正答率
受験料5,600円
独学で取得可能か×
協会指定の認定教育機関で講座を受ける必要あり

こちらは同じビーズアーティストという名称の資格ですが、主催者が日本能力開発推進協会(JADP)です。

高度なビーズ制作に必要な知識や技術が備わっていることを証明できる資格です。

主催者認定の講座にて全カリキュラムを修了している方のみ、受験資格があります。

正答率70%以上で合格ですが、テキストを見ながら受けられる試験です。

ビーズアートステッチ

実施機関オールアバウトライフワークス
難易度-
受験料-
独学で取得可能か×
講座終了でディプロマ授与

オールアバウトライフワークスが運営している楽習フォーラム

その中の講座であるビーズアートステッチは資格名ではなく、針と糸でビーズを編むクラフトの事を指します。

海外では古い歴史を持ち、ハンドメイドの中でも人気。

所定の講座を修了すると、ディプロマ(認定証)が授与されます。

さまざまなデザインの作品作りに挑戦できるので、アクセサリーのバリエーションを増やしたい方にオススメです。

ハンドメイドアクセサリー認定講師

実施機関PBアカデミー
難易度-
受験料-
独学で取得可能か×
PBアカデミーの講座受講後合格審査のレポートを提出

PBアカデミーが認定している資格。

ハンドメイドアクセサリー認定講師はビーズに限らずいろいろなハンドメイド作品を作成できるスキルを持った人に与えられる資格です。

これを持っておくと「PBアカデミーのハンドメイドアクセサリー認定講師」の肩書きを使えます。

PBアカデミーが解説している講座を受講することで得られる資格です。

独学・通学・通信講座?おすすめの学習方法は?

ビーズ資格の勉強方法は独学・通学・通信講座の3つがあります。

それぞれの学習方法のメリット・デメリットをまとめました。

独学のメリット・デメリット

独学のメリットとデメリットを解説します。

独学のメリット

独学のメリット

  • 費用が抑えられる
  • 学習時間が自由

通信講座やスクールと違い、受講料がありません。

そのため、費用面では一番安価です。

テキストは自身で選べますし、最初に必要な道具を自身で選定する楽しみもあります。

インターネットやYou Tubeなどで探せばテキスト代も不要。

材料代だけで勉強ができるというメリットがあります。

また、短時間でも長時間でも、学習時間は自身の自由です。

学習を開始して何年か経ってから、試験を受ける事もできます。

独学のデメリット

独学のデメリット

  • 知識が偏りがち
  • 質問ができない

独学最大のデメリットは知識が偏りがちになること

全て自分で調べるため知らないうちに知識が偏ってしまいます。

指摘してくれる人もいない為、そのままになってしまうことも。

講師志望の方にはおすすめできない学習方法と言えます。

「実際に勉強していてもわからないところが出てきた…」ということがあっても、独学では学習中の疑問点は自身で解決していかなくてはなりません。

最近では、動画サイトなどでビーズ作品の手法を紹介しているものもありますが、信ぴょう性は不明です。

わからないことは講師に直接聞いた方が早く、確実な答えが得られます。

通学のメリット・デメリット

通学のメリットとデメリットを解説していきます。

通学のメリット

通学のメリット通学のメリットは2点です。

メリット

  • 仲間が作れる
  • 講師に直接指導を受けられる

通学は共通の趣味を持った仲間が作れます。

友達同士や親子で参加する方もいるため、一人で学習するのが不安な方にもおすすめ

生徒同士でビーズに関する情報交換などもでき、作品の幅が広がります。

また、講師に直接指導を受けられる点は、通学最大のメリットです。

テキストを読むだけでは分かりづらい部分も直接聞くことができ、学習がはかどります。

講師の手技を直接見られる場合もあり、技術力の向上が期待できます。

通学のデメリット

デメリット

  • 資格取得の為の学校が少ない
  • 時間の制約がある

ビーズ教室は全国に多数ありますが、資格取得の為の学校は少ないです。

単発で開催している教室も多いため、趣味でビーズを楽しむ方には向いているでしょう。

授業時間が決まっているため、決まった時間を取れないことや、忙しい方には学習が難しいです。

オンライン受講でない限りは場所の制約もあり、教室が遠い場合は交通費などもかかります。

すぐに資格をゲットしたい方にとっては、ハードルが高い勉強方法です。

通信講座のメリット・デメリット

通信講座のメリットとデメリットを解説していきます。

通信講座のメリット

メリット

  • 効率の良い学習ができる
  • 好きな時間や場所で学べる
  • 質問サービスがある

通信講座はプロが作成した教材が用意されています。

そのため基礎から応用までを満遍なく学習可能

最初に必要な道具なども明記されており(もしくは付属しており)選定にも困りません。

また、多くの講座が添削指導を行っており、プロによる助言や指導を受けられるのも特長です。

自宅やカフェなど、好きな場所で学べます。

スクールなどのように時間も決まっていない為、仕事の忙しい方や、育児中の方の受講もおすすめです。

隙間時間で学習しても、無理なく修了できるようなカリキュラムが多いです。

さらに、無料の質問サービスを設けている講座が多いのも通信講座のメリット

わからないところが出て来た場合、メールなどで質問すると専門のスタッフから回答があります。

何度でも質問できるのが嬉しいポイント

回答も早いところが多いです。

通信講座のデメリット

デメリット

  • 独学に比べ費用がかかる
  • 受講期限がある

平均数万円の受講料がかかるため、独学に比べ、どうしても費用がかかります

また、試験の受験料が別途かかる講座もあるので、心配な方は事前にチェックしておきましょう。

 

通信講座は受講期限を設けている講座が多いです。

受講期間はだいたい数ヶ月から1年以内。

期限を過ぎてしまうと、受講料が無駄になってしまう可能性も。

通信講座によって、延長申請できる場合もあるので心配な方はチェックしておきましょう。

おすすめの勉強方法は通信講座

各勉強方法のメリット、デメリットを紹介しました。

通学の場合は、すぐ質問ができる。

独学だとコストを抑えられるメリットがあります。

しかし通学は学校の数が少ないことや時間的制約、独学はサポートがないデメリットが。

 

当サイトとしては取得できるスキルなどを総合的に見て、通信講座での学習が資格取得への近道!

特に初心者は通信講座での勉強をおすすめします。

ビーズ資格通信講座の比較

ビーズ資格の通信講座には様々なものがありますが、その中でもおすすめなものをランキング形式でご紹介します。

通信講座名資格名
SARAスクールビーズアクセサリー講座ビーズアーティスト
ビーズアクセサリーデザイナー
キャリカレ ビーズアーティスト資格取得講座ビーズアーティスト資格
PBアカデミー ハンドメイドアクセサリー認定講師 資格取得講座ハンドメイドアクセサリー認定講師
楽習フォーラム ビーズアートステッチ認定講座ビーズアートステッチ

おすすめの順はこちら!

SARA スクールビーズアクセサリー基本コース/プラチナコース

キャリカレ ビーズアーティスト資格取得講座

PBアカデミー ハンドメイドアクセサリー認定講師 資格取得講座

楽習フォーラム ビーズアートステッチ認定講座

第1位 SARA スクールビーズアクセサリー基本コース/プラチナコース

通信講座SARAスクール
講座名ビーズアクセサリー資格取得講座
価格基本コース…59,800円(税込)
プラチナコース…79,800円(税込)
受講期間標準6か月(最短2か月)
資格試験基本コース…自己受験
プラチナコース…免除
取得できる資格ビーズアクセサリーデザイナー
ビーズアーティスト
メールサポートあり

SARAスクールビーズアクセサリー講座の特長

SARAスクールは女性のための通信講座を多数開講しているスクールです。

こちらの講座は資格協会より公式認定されているコースとなっています。

最大の特長は試験免除で2資格が確実に取得できるプラチナコース

基本コースでも自己受験できますが、受験料は自己負担。

受験料10,000円×2資格分必要になるため、プラチナコースと同額になってしまいます。

そのため、プラチナコースでの受講がおすすめです。

テキストはプロ監修で分かりやすいと口コミも良好

受講期間は1日30分の学習時間で6ヶ月程となっていますが、最短2か月での修了もできます。

自身のペースに合わせた学習が可能です。

講師志望の方や作家として活動している方など、幅広い方の受講があり、大変人気の講座です。

管理人・茜
詳しくはコチラの記事をごらんください♪

SARAスクールビーズアクセサリー講座の口コミ

副業の為に受講しました。

ハンドメイドで作るビーズアクセサリーをネットで販売するために基礎を学ぼうと受講しました。講座で習えば基礎から応用までできるようになります。おかげでネット販売も人気です!

ビーズアクセサリー資格検定の通信教育・通信講座 | SARAスクール (saraschool.net)

第2位 キャリカレ ビーズアーティスト資格取得講座

通信講座キャリカレ
講座名ビーズアーティスト資格取得講座
価格一括払い…35,200円(税込)
分割払い…1,700円×24回
受講期間標準4か月(最大700日)
資格試験あり(在宅受験)
取得できる資格ビーズアーティスト資格
メールサポートあり

キャリカレ ビーズアーティスト資格取得講座の特長

こちらは日本能力開発推進協会(JADP)認定の講座です。

テキストには写真付きの解説がある他、DVDも付属しており、映像での学習もできるのがポイント

繰り返してみる事もできるため、細かな部分の理解もしやすいです。

講座の最大の特長としては卒業後のサポート体制が充実していること

キャリカレ専属のキャリアコーディネーターにより転職・就職サポートが受けられます。

また、簡単にホームページが作成できるテンプレートも用意されており、自身の活動を紹介するのにも便利。

卒業後のサポートは無料で受けられるので、独立、開業を考えている方には嬉しいサービスです。

ビーズアーティスト資格は在宅受験。

テキストを見ながら受験も可能です。

受験料は別途必要です。

リーズナブルな価格で資格取得を目指したい方におすすめです。

キャリカレ ビーズアーティスト資格取得講座の口コミ

ビーズアーティストを受講して

いくつか通信講座を受けている中で、最も解りやすかったです。テキストの表記やDVDでの説明、適度に送られてくるメールの頻度も良く、講座を修了するのがなぜか寂しくさえ感じました。

今後資格を取る際にはまたお願いしたいと思います。有難うございました。

口コミ・レビュー|ビーズアーティスト資格取得講座|通信教育講座・資格のキャリカレ (c-c-j.com)

キャリカレ 公式HP

無料資料請求もおこなえます

第3位 PBアカデミー ハンドメイドアクセサリー認定講師 資格取得講座

通信講座PBアカデミー
講座名ハンドメイドアクセサリー認定講師 資格取得講座
価格64,900円(税込)
受講期間4か月(最短2~3か月)
資格試験課題提出
取得できる資格ハンドメイドアクセサリー認定講師
メールサポートあり

PBアカデミー ハンドメイドアクセサリー認定講師 資格取得講座の特長

受講満足度91%のPBアカデミーのハンドメインドアクセサリー講座。

教材の中に必要な道具やパーツが入っており、道具を揃える必要がないので初心者でもすぐはじめられるのが嬉しいポイント!

万が一、卒業試験に不合格の場合は受講料の全額返金制度があります。

また、忙しい方のために受講期間延長制度もあり。

仕事で忙しい方や育児中の方にも人気です。

更なる特長として、卒業後、ハンドメイド販売で作家活動をするサポートを受けられることがあります。

作れるようになる作品数は100パターン以上作れるようになれます。

作品のバリエーションを増やしたい方や、卒業後、ハンドメイド作品を販売したい方にもおすすめの講座です。

第4位 楽習フォーラム ビーズアートステッチ認定講座

通信講座楽習フォーラム
講座名ビーズアートステッチ認定講座
価格ベーシッククラス…25,300円(税込)
ベーシッククラス+アドバンスクラス…50,600円(税込)
受講期間15ヶ月(希望者は延長可能)
資格試験なし
取得できる資格※ディプロマ証・ビーズアートステッチ認定証の取得
メールサポートあり

※アドバンスクラスのみの申し込みはできない為注意。

楽習フォーラム ビーズアートステッチ認定講座の特長

楽習フォーラムはフード関連やハンドメイド関連の資格を多く扱う通信スクールです。

特にアクセサリー系の資格講座は種類が豊富で、ビーズアートステッチもその中の1つ。

こちらの講座は2段階の構成になっています。

ベーシッククラス(lesson1~5)は基礎からビーズアートステッチを学びたい方向けのコース

楽しみながら学べる技法を中心に扱っており、修了後には任意でディプロマの発行があります。

アドバンスクラス(lesson6~11)は1作品で複数のテクニックが学べるコース

ビーズアートステッチの作家や講師を志望する方向けのコースです。

修了後にはビーズアートステッチ認定証が取得できます。

筆記試験はありませんが、課題提出があります。プロに実際に作品を見てもらえるのもポイントです。

また、教材が充実しており、フルカラーのテキスト、DVDの他、道具やパーツもセットになっています。

厳選された材料で届いたその日から作品作りに取りかかれるのも魅力です。

現在人気!オンライン受講

資格取得の講座ではないのですが、新しい学習方法としてオンライン受講の人気が高まっています。

通学のように単発での教室が多いのですが、受講費用は数千円からと手頃です。

自宅にいながら直接講師に指導が受けられるので、通学と通信講座、両方のメリットがある学習。

講師は一般のビーズ教室の講師が多いようです。

趣味でビーズを上達させたい方はこちらもチェックしてみると良いかもしれません。

ストアカ公式HP

いろいろな講座が開設されています

よくある質問

ここではビーズ資格についてのよくある質問をまとめました。

ビーズ資格の試験はどのくらいの頻度であるの?

資格によります。

試験頻度

  • ビーズアーティスト:2ヶ月に1度
  • ビーズアクセサリーデザイナー:2ヶ月に1度
  • ビーズアーティスト:資格随時
  • ビーズアートステッチ:無し(講座終了にてディプロマ授与)
  • ハンドメイドアクセサリー認定講師:無し(講座終了にて認定)

試験期間も在宅受験のため、数日設けられています。

課題提出はあるの?

この記事で紹介した通信講座では、全て課題提出があります。

作品を提出するものからレポート形式の物まで様々です。

例えばSARAスクールだと5回の添削指導(プラチナコースは卒業課題もある為6回)

があります。

自宅にいながらプロに直接指導を受けられるのが通信講座のメリットであるといえます。

資格取得者の活動・作品紹介

資格取得をするとどのような作品作りができるようになるか、その一部をご紹介します。

↑こちらはキャリカレの受講生の方の添削課題の作品。

シャワー台とワイヤーを用いた作品のようです。

素敵なブローチですね!

https://www.instagram.com/p/CASGF-6AxKm/

↑こちらは楽習フォーラムのビーズアートステッチ講座の受講中の方の作品。

基礎を学ぶベーシッククラスでもこんなにハイレベルな作品作りができます。

まとめ

ビーズ資格一覧

資格名主催者
ビーズアーティスト日本インストラクター技術協会
ビーズアクセサリーデザイナー日本デザインプランナー協会(JDP)
ビーズアーティスト資格日本能力開発推進協会(JADP)
ビーズアートステッチオールアバウトライフワークス
ハンドメイドアクセサリー認定講師PBアカデミー

おすすめ通信講座一覧

通信講座名資格名
SARAスクールビーズアクセサリー講座ビーズアーティスト
ビーズアクセサリーデザイナー
キャリカレ ビーズアーティスト資格取得講座ビーズアーティスト資格
PBアカデミー ハンドメイドアクセサリー認定講師 資格取得講座ハンドメイドアクセサリー認定講師
楽習フォーラム ビーズアートステッチ認定講座ビーズアートステッチ

ポイント

  • 資格取得は上達への近道
  • ビーズ資格は転職・副業に活かせる
  • 総合的に見て通信講座での学習がおすすめ・卒業生は多方面で活躍している

通信講座の中でも当サイトおすすめはSARAスクール

SARAスクールのポイント

  • 2資格の同時取得が目指せる
  • 1日30分の学習時間だと半年ほどで卒業できる
  • 資格取得が確実にできるプラチナコースがある
  • 何度でも質問できる
  • メールサポートは通常翌日に回答が届く
  • 作家や講師志望の方の受講もある

この記事で紹介した通信講座は資料請求ができます。

気になる方は内容をチェックしてみてくださいね!

ビーズ資格取得して素敵な作品作りをしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!


-ビーズ
-, , ,

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~