フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント資格取得にかかる費用はいくら? 安い?

フラワーアレンジメントの資格ってどのくらい費用かかるんだろう?

フラワーアレンジメントは、趣味や誰かへのプレゼントにも活用できます。

とはいえ、いきなりどう始めていけばよいのか戸惑ってしまう方も多いでしょう。

フラワーアレンジメントを勉強したいと考えたときは資格の取得をすることをおすすめします。

資格を取得するために勉強をすることで、基礎から応用までフラワーアレンジの知識が学べます。

勉強とはいえ、なるべく安く資格の取得をしたいと考えるのではないでしょうか?

フラワーアレンジメントの資格を取得するためにどれぐらいかかるのか気になるところ。

今回の内容

  • フラワーアレンジメントの資格ごとにかかる費用の解説
  • どの資格が安く取得することができるのか?
  • どの資格がコストパフォーマンス良く取得することができるのか?

今回は上記のことを解説します。

フラワーアレンジメントの資格で安く取得できる資格はどれ?と迷われている方は、ぜひお読みください。

管理人・茜
それでは早速解説していきます。

フラワーアレンジメント資格取得にかかる費用

フラワーアレンジメント資格の費用はそれぞれ。

取得方法は通学や通信講座、独学とさまざまですが、仕事や育児で時間を作れない方は通信講座がおすすめです。

スキマ時間で効率よく学習することができるでしょう。

ここでは、フラワーアレンジメント資格の解説と同時におすすめの講座もあわせて紹介します。

各資格の受験料などはこちら。

資格名おすすめの方受験料
フラワーアレンジメントデザイナー資格各種飾花業界やインテリア業界の仕事に就きたい方10,000円
プリザーブドフラワーデザイナー資格
アレンジを表現できる知識やテクニックを学びたい方10,000円
ガーデニングアドバイザー資格
樹木を植えたり、草花を育てたり楽しみたい方10,000円
園芸インストラクター資格ガーデニングに関する講師活動を希望する方10,000円
華道アドバイザー資格道具の使い方や花の生け方などの知識を身に付けたい方10,000円
花の活け方インストラクター資格花の活け方インストラクターとして活動したい方10,000円
フラワーデコレーター(FDA)ライセンス2級花に親しみ楽しむことから始めたい方11,000円
※認定料や年会費が必要
プリザーブドフラワー(FPF)ライセンス2級場面に合ったプリザーブドフラワーでの演出をしたい方7,840円
※認定料や年会費が必要
フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンス2級色彩の知識を得たい方11,000円
※認定料や年会費が必要
フローリスト検定1級~5級フローリストとして、園芸に精通したい方フローリスト検定1級~5級にて解説
FDAアーティフィシャルフラワーライセンスアーティフィシャルフラワーのテクニックを学びたい方7,840円
※認定料や年会費が必要

どの資格も取得するのに1万円近くかかることがわかります。

更に受験資格を得るために講座受講、維持するために年会費が必要になることも。

(フローリストは受験料安いですが認定料や年会費がかかります。)

安く取得するならフラワーアレンジメントデザイナー資格など受験資格や年会費がないものを独学受験。

しかし、独学は試験範囲も広いため試験勉強で悩むことも多いでしょう。

未経験ではテキスト購入費や受験料など資格取得までそれなりに費用がかかってしまうことも少なくありません。

そこでおすすめはフラワーアレンジメントデザイナー資格とプリザーブドフラワーデザイナー資格が同時に取得できるSARAスクールのフラワーアレンジメント講座を受講すること。

SARAスクールではプロ監修のテキストで効率的に勉強可能。

さらにプラチナコースを受講することで、受験しなくても2資格が確実に取得できますよ。

管理人・茜
結論からお伝えしましたが、フラワーアレンジメント系の資格はまだまだあります。チェックしていきましょう!

フラワーアレンジメントデザイナー資格

フラワーアレンジメントデザイナー 資格は、フラワーアレンジメントに対する十分な知識を持っていることが認められる資格です。

各種飾花業界やインテリア業界の仕事に就きたい方におすすめ。

イベントや式典、日常のインテリアや服飾など、多様なシーンに応じたアレンジができるようになります。

メモ

フラワーアレンジメントデザイナー 資格の受験料:10,000円

プリザーブドフラワーデザイナー資格

プリザーブドフラワーデザイナー資格は、フォーカルポイント、ガーランドなどフラワーアレンジメントのスキルがあることを証明できる資格。

花の色合いや頭にイメージしたアレンジメントを表現できる知識やテクニックを学びたい方におすすめ。

花屋の店員には必須のスキル、花束を作るテクニックも身に付けられます。

メモ

プリザーブドフラワーデザイナー 資格の受験料:10,000円

フラワーアレンジメントデザイナー資格とプリザーブドフラワーデザイナー資格は受験料が各10,000円。

管理人・茜
独学でも受験可能ですが、効率的に勉強したいならSARAスクールのフラワーアレンジメント資格取得講座の受講がおすすめ。

ガーデニングアドバイザー資格

ガーデニングアドバイザー資格は、ガーデンデザインの知識・技術・技能を身に付けることを証明できる日本生活環境支援協会認定の資格。

自宅の庭先やマンションのベランダなどで、樹木を植えたり、草花を育てて楽しみたい方におすすめ。

ガーデニングをしてみたいけど、具体的に何をすればいいのかわからない方に適切にアドバイスできます。

メモ

ガーデニングアドバイザー資格の受験料:10,000円

園芸インストラクター資格

園芸インストラクター資格は、日本インストラクター技術協会公認のガーデンデザインの知識・技術・技能をアピールすることができる資格。

ガーデニングに関する自宅やカルチャースクールなどで講師活動を希望する方におすすめ。

ガーデン図面の製図方法、ガーデニングの基礎知識、ガーデニングの設計から施工までガーデニングに関するあらゆる知識を身に付けることができます。

メモ

園芸インストラクター資格の受験料:10,000円

管理人・茜
こちらも独学は可能。ですが、ガーデニングアドバイザー資格と園芸インストラクター資格を同時に取得できる、SARAスクール ガーデニングプランナー資格取得講座がおすすめ。

SARA ガーデニング資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

華道アドバイザー資格

華道アドバイザー資格は、華道の基礎知識があることを日本生活環境支援協会が認定している資格。

華道に必要な道具とその使い方、花の生け方などの基礎知識を身に付けたい方におすすめ。

資格取得後は、華道アドバイザーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

メモ

華道アドバイザー資格の受験料:10,000円

花の活け方インストラクター資格

花の活け方インストラクター資格は、日本インストラクター技術協会認定の資格。

華道に関する知識があることが証明できます。

花の活け方インストラクターとして活動したい方におすすめ。

花の活け方、生け花の構成や技法はもちろんのこと、花や植物の種類などについての知識を身に付けることができます。

メモ

花の活け方インストラクター資格の受験料:10,000円

管理人・茜
費用はその分かかりますが、効率的に資格取得したい方はSARAスクール 華道資格取得講座の受講がおすすめ。

SARA 華道資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

フラワーデコレーター(FDA)ライセンス2級

フラワーデコレーター(FDA)ライセンス2級は、フラワー業界で必要な知識と技術を認められている資格。

花に親しみ楽しむことから始めたい方におすすめ。

資格を取得すると、FDAライセンス3級の講座を自分で開講できるようになります。

メモ

フラワーデコレーター(FDA)のライセンス2級受験料:11,000円

受験料の他に、登録料と年会費が別途必要!!

登録料:33,000円(税込)
※FCC登録者は 22,000円

年会費:13,200円(税込)
※FCC登録者は不要

フラワーデコレーター(FDA)ライセンスは、受験料の他に登録料・年会費が必要になってきます。

取得するには、FDAフラワースクール フラワーデコレーター(FDA)ライセンス1・2級対応講座を受講する必要があります。

講座受講費用

275,000円

管理人・茜
受験料の他に講座費用や年会費がかかってしまいます・・

FDAフラワースクール公式

※基本をしっかり学べます

プリザーブドフラワー(FPF)ライセンス2級

プリザーブドフラワー(FPF)ライセンス2級は、プリザーブドフラワーに関する知識や扱い方ができるようになる資格。

あらゆる場面に根拠をもったプリザーブドフラワーでの演出をしたい方におすすめ。

色彩の魅力にも触れることができ、日常を豊かにする色のパワーを学べ、センスや完成を磨くことができるでしょう。

メモ

プリザーブドフラワー(FPF)ライセンス2級の受験料:7,840円

登録料:14,250円

年会費:6,600円
※FDA・FCC登録者は不要

プリザーブドフラワー(FPF)ライセンスは、受験料の他に登録料・年会費が必要になってきます。

取得するには、FDAフラワースクール FDAプリザーブドフラワー(FPF)ライセンス2級対応講座を受講する必要があります。

講座受講費用

198,000円

管理人・茜
こちらも受験料の他に講座費用や年会費がかかります。

FDAフラワースクール公式

※基本をしっかり学べます

フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンス2級

フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンス2級は、カラーをフラワーアレンジメントに活かすことができるようになる資格。

カラーコーディネーターとしての知識を深め、色彩の知識を得たい方におすすめ。

色彩の基礎や周りの花との調和、色のもつメッセージなどを学ぶことによって、将来的にフラワーのコーディネートを上質なものにしてくれます。

メモ

フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンス2級の受験料:11,000円

登録料:33,000円
※FDA登録者は 22,000円

年会費:13,200円
※FDA登録者は不要

フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンスは、受験料の他に登録料・年会費が必要になってきます。

また取得するには、プリザーブドフラワー(FPF)ライセンス2級と同じ用にFDAフラワースクール フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンス2級対応講座を受講する必要があります。

講座受講費用

198,000円

管理人・茜
会員はさまざまな特典が付きますが、年会費がかかります。

FDAフラワースクール公式

※基本をしっかり学べます

フローリスト検定1級~5級

フローリスト検定は、花の扱い方や実務的な装飾技術などがあることを証明できる資格。

フローリストとして、園芸に精通したい方におすすめ。

1級~5級まであるので、自分のレベルや仕事に合わせた内容を学んでいくことができるでしょう。

受験料
1級5,190円
2級
3,050円
3級
5,190円
4級4,170円
5級3,050円

またフローリスト資格の受験料は上のようになっており、他に登録料・年会費(更新料)が必要です。

認定料更新料
1級10,380円4,180円(2年目以降)
2級
10,380円
3級
5,190円
4級5,190円
5級無料

取得するには、FDAフラワースクール フローリスト検定対応講座 1級~5級を受講する必要があります。

講座受講費用

132,000円

管理人・茜
こちらも年会費などかかります。

FDAフラワースクール公式

※基本をしっかり学べます

FDAアーティフィシャルフラワーライセンス

FDAアーティフィシャルフラワーライセンスは、アーティフィシャルフラワーを使用したトータルプロデュースができるスキルを身に付ける資格。

時代のニーズに合ったアーティフィシャルフラワーの知識、テクニックを身に付けたい方におすすめ。

独特な美しさを持ち、利便性に優れているアーティフィシャルフラワーについて深く学ぶことができます。

メモ

FDAアーティフィシャルフラワー資格の受験料:7,840円

登録料:14,250円

年会費:6,600円
※FDA・FCC・FPF登録者は不要

FDAアーティフィシャルフラワーライセンスは、受験料の他に登録料・年会費が必要になってきます。

取得するには、FDAアーティフィシャルフラワーライセンス講座を受講する必要があります。

講座受講費用

110,000円

管理人・茜
受験料は安めですがトータル的には高額。

FDAフラワースクール公式

※基本をしっかり学べます

ユーキャン フラワーアレンジメント講座は?

ここまで、Woman資格ナビでおすすめするフラワーアレンジメント資格を紹介していきました。

実はそのユーキャンにもフラワーアレンジメント講座はあるのです。

しかし、資格を取得できるものではありません。

そのため、フラワーアレンジメントの資格を活かして仕事に活かしたいという方には不向きだといえます。

管理人・茜
資格は取得できませんが楽しみたい方はおすすめ!

ユーキャン 公式HP

※8日以内なら返品OK

受験料だけで取得できるおすすめの資格

受験料だけで取得できる資格

  • フラワーアレンジメントデザイナー 資格
  • プリザーブドフラワーデザイナー 資格
  • ガーデニングアドバイザー資格
  • 園芸インストラクター資格
  • 華道アドバイザー資格
  • 花の活け方インストラクター資格

なるべく費用をおさえて資格取得を目指すなら年会費などがかからない資格がおすすめ。

当サイトのおすすめの資格としては、フラワーアレンジメントデザイナー 資格。

上記の資格は受験料1万円のみ。

その費用だけでフラワーアレンジメントの資格を取得できます。

管理人・茜
在宅受験できるのもいいですね!

しかし、上記資格は試験対策テキストが販売されておらず、勉強範囲も幅広い。

難易度は高くないとはいえ難しくはないとはいえ、確実に取れるわけではありません。

下手をすれば受験料だけ高額になるケースも・・・。

そういうときは通信講座を活用しましょう

通信講座を活用することで効率よくフラワーアレンジメントの知識を学べ、受験対策もバッチリ。

結果的にコストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。

【結論】フラワーアレンジメントの資格はSARAスクールの通信講座で取得できる資格がおすすめ!

通信講座SARAスクール
講座名フラワーアレンジメント資格取得講座
価格基本コース:59,800円(税込)
プラチナコース:79,800円(税込)
受講期間標準6か月(最短1か月)
資格試験基本コース:自己受験
プラチナコース:免除
取得できる資格フラワーアレンジメントデザイナー資格(日本デザインプランナー協会)
プリザーブドフラワーデザイナー資格(日本インストラクター技術協会)
メールサポートあり

最初にもお伝えした通り、フラワーアレンジメントの通信講座は探すとたくさんありすぎてどれが良いか判断することができません。

フラワーアレンジメント資格を確実に取得したい場合はSARAスクールの通信講座を利用して受講されることをおすすめします。

SARAスクールがおすすめの理由

  • 初心者からでも始められる
  • 1日30分の学習
  • 2種類の資格の学習が同時にできる
  • 無料で何度でも質問できる
  • プラチナコースを選ぶと確実に資格が取得できる
    ⇒ 受験をしなくても良いので、受験料もかからない

特に、「日頃は仕事や育児で資格の勉強ができそうにない」方や「目標期間までに資格の取得をしておきたい」といった方には強くおすすめします。

さらに、SARAスクールで複数の講座を申し込むとお得に資格の学習をすることができます。

SARAスクールの評判は?

とはいえ、インターネットで検索していくと、SARAスクールの悪評など目にしてしまいますよね。

この点に関しては、関連記事で解説していますので、気になった方は参考にしてください。

管理人・茜
SARAスクールについて徹底的に解説しています♪

フラワーアレンジメント資格取得にかかる費用 まとめ

ここまで、フラワーアレンジメント資格取得について解説し費用などをお伝えしてきました。

資格名おすすめの方受験料
フラワーアレンジメントデザイナー資格各種飾花業界やインテリア業界の仕事に就きたい方10,000円
プリザーブドフラワーデザイナー資格
アレンジを表現できる知識やテクニックを学びたい方10,000円
ガーデニングアドバイザー資格
樹木を植えたり、草花を育てたり楽しみたい方10,000円
園芸インストラクター資格ガーデニングに関する講師活動を希望する方10,000円
華道アドバイザー資格道具の使い方や花の生け方などの知識を身に付けたい方10,000円
花の活け方インストラクター資格花の活け方インストラクターとして活動したい方10,000円
フラワーデコレーター(FDA)ライセンス2級花に親しみ楽しむことから始めたい方11,000円
※認定料や年会費が必要
プリザーブドフラワー(FPF)ライセンス2級場面に合ったプリザーブドフラワーでの演出をしたい方7,840円
※認定料や年会費が必要
フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンス2級色彩の知識を得たい方11,000円
※認定料や年会費が必要
フローリスト検定1級~5級フローリストとして、園芸に精通したい方フローリスト検定1級~5級にて解説
FDAアーティフィシャルフラワーライセンスアーティフィシャルフラワーのテクニックを学びたい方7,840円
※認定料や年会費が必要

当サイトでは、内容的や費用的にみてもSARAスクールをおすすめします。

自分のやりたいこと、活かしたいことによっても取得する資格の種類が変わってきます。

そのため、本記事を参考によりよい資格を選んでいただければと思います。

管理人・茜
最短でフラワーアレンジメント資格が取りたい方におすすめの記事はコチラ♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-フラワーアレンジメント
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~