ビジネスの資格

玉川大学の通信課程 司書コース の口コミ体験談|お仕事しながらだと受講が難しい

司書は都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員。

ユーキャンでも取れる?と疑問に思っているかたもいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら図書館司書は大学ではないと取れません。

ただし、大学も通信講座があるのです。

今回は、玉川大学の通信課程 司書コースを受講した方にお話を伺いました

どんな教材を使っているのか、どのように勉強したのか、これから受講する方に向けてのアドバイスをまとめています。

枝野さん(仮名) 28歳女性

受講講座:玉川大学の通信課程 司書コース

 

 

きっかけは大学の時目指していたから

大学時代、司書教諭の取得を目指していましたが、他にやってみたい仕事があったこと、さらに就職活動と両立することが厳しくなっていたことから、一度司書資格を断念しました。

その後、仕事をやめ家庭に入り、家事育児を行っていく中で、ふたたび司書資格取得に挑戦したいと考えました

在宅ライターとして自ら稼ぎ、貯金していた金額も、ちょうど司書資格を取得する上でかかってくる費用分ぐらいはあったので、家計に影響をかけないことから、思い切って司書資格取得のための一方を踏み出すことができました。

司書資格コースはお仕事やりながらだとキツイ

合格

(写真提供:枝野さん)

玉川大学の司書資格取得のコースはちょうど1年で取得可能になっています。

が、毎日かなり真面目に勉強して、最短で1年という形でした。

お仕事をしながら、夜勉強するような形だと、1年で司書資格取得は難しいかもしれません。

単位を取るためには、レポートの提出、合格と、テストの合格、両方が必要です。

レポートは提出すれば必ず合格する、というようなものではなく、見ていただいた教授によってかなり何度もやり直しがあります。

私自身、なかなかレポートが合格せず、5〜6回やり直したレポートもありました。

パソコンで調べるだけで書ける、あるいは、テキストを要約しただけで書けるようなレポートではないので、課題をよく理解したうえで、参考文献を図書館で何冊も借りて書くことが必要になります。

テストは基本的には実際に大学に足を運んで受ける形です。

途中からコロナが猛威をふるったため、オンラインでテストを受けることが可能になりました。

また、自分でテキストを学習して、レポートを提出し、テストを受ける、という科目の他に、夏休みやGW、土日を利用して大学に通って単位を取得する科目(スクーリング)もあります。

夏休みの期間のみしかやっていないスクーリング科目もあるため、ある程度連続して予定をあける必要があります。

ただ、述べたとおりコロナの問題があったので、わたしが勉強していた年、はじめてオンラインでのスクーリング科目の受講できるようになりました。

Teamsを利用したのですが、先生も手探り、生徒も手探りの中、なんとかオンライン化を実現させたようでした。

ただ、玉川大学のスクーリングはもともと先生がとても熱心なことで有名です。

オンラインでしたが、どのスクーリング科目の先生も、とても熱心に、オンラインで行うことでメリットは前向きに捉え、デメリットは丁寧に配慮しながら授業を展開してくださり、実のなる授業を受けることができました。

資格取得までにかけた勉強時間ついて

合格

(写真提供:枝野さん)

1年間、平日は基本的に毎日勉強していました。

だいたい1日6時間ほどは勉強していたと思います。

1ヶ月で2科目同時並行で勉強をすすめていき、月末にレポートを作成、提出、レポートが合格したらテストを受けていました。

お金はだいたい22万程度でしたが、スクーリングのために大学に通う交通費や、追加で購入するテキストなどを考えると、25万ほどかかったと思います。

日本十進分類法など、分厚い辞書のようなテキストはメルカリなどのフリマアプリを使うと安く購入できました。

資格取得で学校図書館司書に!

司書資格を取得したおかげで、今、念願の学校図書館司書として勤務できています。

小学校の図書室で働いていますが、児童はみなとてもかわいく、一人職場なので対人関係のストレスも少なく、楽しく仕事ができています。

司書資格を取得しても、司書の求人が少ないといった問題や、時給や低いといった問題はありますが、仕事自体は非常にやりがいがあり、本が好きな人にはストレスが少ない、楽しい仕事内容だと思います。

また、司書資格を取得し、実際に司書と勤務することで、子どもたちと絵本を手に取る時間がより充実したものへと変化しました。

資格を取得したい方へのアドバイス

司書は正社員募集がほぼなく、フルタイムで働くことも厳しいということが現実です。

司書としての経験が長くなればなるほど、司書としてのスキルはあがりますが、それにしたがって給与があがるということもほぼありません。

したがって、正直、1つの仕事だけで生計を立てたい、給与を人並みにあげていきたいと考えるのなら、司書の仕事はおすすめしません

ただ、空いている時間にパートで働きたい、やりがいのある仕事がしたい、という場合、本が好きなら司書はぴったりの仕事だと思います。

 

管理人・茜
枝野さん、ありがとうございました。

資格取得により夢を叶えた枝野さん。

しかし司書は大学に通う必要がある上に時間もかかる。

資格を取得したいけど、なにをやったらいいかわからない方はユーキャンで講座をチェックしてみてはいかがでしょうか?

国家資格対策から趣味に使える資格まで。

さまざまな資格を扱っているユーキャン。

きっとあなたをスキルアップしてくれる資格に出会えるはず。

一度チェックしてみてくださいね♪

ユーキャン 公式HP

※8日以内なら返品OK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-ビジネスの資格
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~