自分を知るための「棚卸し表」書き方サンプル

資格選びに重要な、「人生の棚卸し表」の書き方 を説明するページです。

ダウンロードはこちら

 

書き方・サンプル

人生の棚卸し表

「人生の棚卸し表(全4ページ)」は、横軸に《年代》、縦軸に《自分を知るための質問》が並んでいます。

年代(年齢)

・子ども
・中学生
・高校生
・大学生 etc...
・社会人

質問項目

・楽しかった事
・苦労した事
・人を喜ばせた事
・達成した事

など全15項目

やることは、これらの項目をただ埋めていくだけ。

ただし、ただ内容を書くだけでなく、その理由や当時の想いも一緒に書きだしてみる と良いでしょう◎

 

例えば『楽しかったこと』の項目では、《楽しかったことの内容》+《どうして楽しいと思ったのか》をセットにすると、より自分を知ることができます。

 

管理人・茜
全項目が埋まらなくてもいいし、内容がかぶってもOK!記憶をたどりながら、書ける項目を優先して書いていきましょう。

 

こんなことを書いていこう!各項目サンプル

具体的にどんなことを書けばいいの?という方は、以下を参考に書いてみてくださいね。

 

(↓1ページ目)

どんなことをして過ごした?身に付いたスキル

《内容》力をいれていたことなど、主にどんなことをして過ごしていたのか。その中で身に付いたスキルとは?

例)
・受験勉強
・部活
(チームワークの大切さを学んだ)
・〇〇会社で事務職
(パソコンスキル)

 

楽しかったこと・もの

《内容》何をするのが楽しかったのか、好きだったのか

例)
・部活後に友達としゃべって帰ること
・美術の授業(絵を描くのが得意で、先生によく褒められたから)
・習い事の料理教室(料理をするのが好きだから)

 

嫌だったこと・もの

《内容》何をするのが嫌だったのか、嫌いだったのか

例)
・体育の授業(運動が苦手)
・上司との飲み会
(気を遣うから)
・夏休みの宿題
(コツコツ勉強することができなかったから)

 

得意なこと

《内容》何をするのが得意だったのか

例)
・数学
・クラスを盛り上げること
(友達の笑う顔を見るのが好きだった)
・会議用の資料をまとめること
(上手だと褒められて嬉しかったので頑張った)

 

(↓2ページ目)

苦労したこと

《内容》何に苦労したのか、苦手だったのか

例)
・友達を作るのが苦手だった (人見知り)
・資格試験になかなか受からなかった
(苦手分野だったから)
・サークルとバイトの両立 

 

達成したこと・成功体験

《内容》どんなことに挑戦して達成・成功したのか

例)
・大学時代に簿記1級に合格した(数学系は得意だから頑張れた)
・部活で全国大会に行った
・社内で営業成績トップになった 

 

できなかったこと・失敗体験

《内容》どんなことに失敗したのか、できなかったのか

例)
・クラス会の発表(人前に立つのは緊張した)
・難関資格に挑戦して結局諦めた
・運動部に入ったけど続かなかった
(運動はもともと苦手だった)

 

趣味・ハマっていたこと

《内容》どんな趣味があったのか、ハマっていたことは?

例)
・クロスワード
・釣り
・インスタ映えの写真を撮ること(写真の撮り方を褒められたのが嬉しくてハマった)

 

(↓3ページ目)

習い事・部活

《内容》どんな習い事をしたのか

例)
・ピアノ
・お菓子教室
・ヨガ
(今も続いていて楽しい)

 

人を喜ばせたこと

《内容》どんなことで人を喜ばせた経験があるのか

例)
・友達の誕生日パーティーをひらいた
・旅行の計画を立てたら「任せてよかった」と言ってくれた

 

人にしてあげたこと

《内容》どんなことを人にしてあげたのか、人にしてあげるのか好きなことは?

例)
・母にスマホの使い方を教えてあげることがよくある
・友達への誕生日プレゼントは欠かせなかった

 

人からよく頼まれたこと

《内容》どんなことを人からよく頼まれたのか、任されたのか

例)
・悩み相談にのることが多い
・前の職場ではリーダーの仕事を任された

 

(↓4ページ目)

一番思い出に残っていること

《内容》思い出に残っていることはなにか

例)
・部活の大会で優勝したこと(すごく嬉しかった)
・家族で行った初めての海外旅行
(英語を学ぶきっかけになった)

 

描いていた夢・目標

《内容》なりたい職業、目標、夢など

例)
・幼稚園のときはケーキ屋さんになりたかった
・貯金100万円
・いつか起業したい

 

取得した資格

《内容》取得した資格・スキル

例)
・秘書検定
・〇〇インストラクター(社内資格)
・TOEIC 650点

 

管理人・茜
以上のような感じで項目を埋めていってくださいね。

『人生の棚卸し表』を完成させたら、次は『ライフ・キャリアプラン表』を作成して、さらに詳しく"自分"を知っていきましょう。

 

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~