食育

食育健康アドバイザー資格は仕事で使える?【難易度・費用・口コミ】

食育健康アドバイザーは食のプロフェッショナル

日本安全料理協会が認定する資格で取得すると基本的な食育の知識があることを証明できます。

食生活をより良いものにしたい人や健康に悩んでいる人のサポートができる資格。

今回は「食育健康アドバイザー資格は仕事で使える?」についてお伝えします。

管理人・茜
食育の資格を取得するのにどれが良いか迷っている人、食育健康アドバイザーの資格を取りたい人は参考にしてみてください。

SARA 食育資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

食育健康アドバイザー資格は仕事に使える?

結論から言うと、仕事に使えます

食育に関わる仕事は近年増加傾向にあります。

食育の資格を取得していることで飲食業界や教育機関、医療機関、介護施設など、幅広い場での活躍が可能。

仕事の幅が広がります。

飲食業界

食品メーカー、飲食店、スーパーマーケットスタッフなど。

食品メーカーの場合、食育の知識を活かして商品開発、企画を提案。

飲食店では、健康的で美味しいメニューを考案、開発をしてお客様に提供。

スーパーマーケットスタッフの場合、お客様のニーズに合わせた商品の仕入れや提案をすることで、満足度の高い接客を行えます。

教育機関

教育現場は食育と様々な関わりがあります。

正しい食事の仕方を教えることで子どもたちの食への関心、大切さを教えられます。

食事マナーだけでなく「朝食をしっかり取って体を動かすようにしましょう」などの指導も食育の一環。

給食室の栄養士だけでなく、教育に携わる全ての方が活用できる資格です

例えば教員や保育士の場合、偏食やアレルギーの子どもに適切な対応できます。

介護・福祉施設

食育と聞くと子どもに対して行うイメージが強いですが、年齢に関係なく食育は有効です

年齢や体の状態に合わせた栄養バランスでメニューの考案が可能。

高齢者に合わせたメニューを考える際に栄養や味付け、食事バランスで食育知識を活用。

幅広い年齢層に食育知識を役立てられます。

医療機関

医療スタッフは療養中でも快適な食事を行えるように患者を手助けする際に活用。

調理室では患者一人一人に合わせたメニューの考案

病気や怪我をしている人にも食育知識は役立ちます。

 

食育の資格は、食の仕事に就いている場合、知識がプラスに。

食の仕事に就職や転職の際に有利に働きます。

直接食に関わる仕事ではなくても、食育がテーマの講演会やセミナーなどを開催することもできます。

管理人・茜
食育の資格は家庭にも仕事にも役に立ちますね♪

食育健康アドバイザー資格の難易度は?

食育健康アドバイザー資格認定試験の合格基準は70%以上の評価。

比較的難易度は低め。

ただし、試験対策用テキストなどは販売されていないため、独学では食に対する広い意識が求められます

その場合は通信講座を利用することでより簡単に資格を取得することができます。

食育健康アドバイザー資格の取得にかかる費用は?

試験日2か月に1度
受験費10,000円

独学で学習を進めていく場合、かかる費用は受験料の10,000円のみです

勉強のため通信講座を利用する場合は別途費用がかかります。

しかし、講座は必須ではないため、比較的取得コストは抑えられるのが特長です。

食育健康アドバイザー資格の口コミ・評判

ここでは食育健康アドバイザーの口コミを紹介します。

公式サイト「受験生の声」より引用。

食育の基礎からしっかり身につきます

子供の健康のために食育は大切だと思っていましたが、なかなか意識するのは難しく悩んでいました。食育健康アドバイザーの資格を取ったことで、基礎から応用まで食育に関する様々な知識が学べました。もっと食育を勉強して、食育の重要さを伝える講師活動などしたいです。

食育健康アドバイザー

 栄養管理士をしておりますが、献立に関する紹介や説明が上手く出来なかったのですが、資格を取ることによって、幅広い知識が身に付き自信を持ってアドバイスが出来る様になりました。

すべての人に食育を伝えたい!

 子どもに関わる仕事をしていますが、朝食に買い置きした冷凍のハンバーガーを食べてきた子どもがいました。ライフスタイルが多様化する中で、「食育」の大切さを実感した出来事でした。そこで、時間のあるときに少しずつ勉強して、食育健康アドバイザーの資格を取りました。家庭の事情は様々ですが、親御さんにもいろいろアドバイスができるようになりました

食育健康アドバイザーを取得して

 私は小児科の病院で栄養士として働いており、食育について考えさせられる場面が多くあります。この資格を取得するにあたり諸外国での食育に対する取り組みなど知らなかった事を多く知ることができ、さらに食育について考えが深まりました。

家族の健康のために

健康な身体を作るために必要不可欠な食育を学ぶことができました。普段の食事だけでなく、外食でもバランスが取れたメニューを自然と選ぶようになり、健康について考える機会が増えました。また、食育健康アドバイザーで得た知識を活かして食生活を改善したところ、生活習慣病が懸念されていた主人の体調が改善しました!勉強して本当に良かったです。

食育健康アドバイザーを取得する理由はいろいろ。

これから食育の活動をしたいという方、現在の仕事にプラスして活用したい方、家族の健康を守りたい方。

そのような方が多く取得しているようです。

管理人・茜
本当に勉強してよかった!という声が多いですね。

SARA 食育資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

独学できる?食育健康アドバイザー資格の取得方法は?

食育健康アドバイザー資格は独学で取得可能な資格です。

しかし、テキストや過去問が非公開のため独学で進めていくのは大変効率が悪く、取得まで時間がかかります

食育健康アドバイザー資格認定試験の試験範囲は、通信講座のテキストの中からの出題です。

時間をかけずに確実に取得したい場合は、通信講座を受講するのが良いでしょう。

SARA 食育資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

食育健康アドバイザー資格おすすめ勉強方法

食育健康アドバイザー資格を簡単に早く取得したいのであればSARAスクールの食育講座がおすすめ

食育健康アドバイザーと管理健康栄養インストラクターの2種類の食育資格が同時に学べます

SARAスクールの食育講座を受講する最大のメリットは、プラチナコースの受講。

課題を提出すれば2種類の食育資格を自宅にいながら試験免除で取得できます。

講座は6ヶ月受けられますが、最短1ヶ月で資格取得も可能。

大変効率の良い通信講座です。

初期費用を抑えたい方には基本コースもあります。

ただし、基本コースを選んだ場合は、受講終了後自分で申し込み試験を受ける必要があり、合格した場合に資格認定されます。

コース基本コースプラチナコース
特徴初期投資が安く済む課題を提出するだけで卒業時に資格認定
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)6ヶ月(最短1ヶ月)
資格試験自分で申し込み受験免除
課題提出のみ
受験料各資格10,000円講座代に込み

受講料

基本コース:59,800円

プラチナコース:79,800円

まとめ

今回は「食育健康アドバイザー資格は仕事で使える?」についてお伝えしました。

ポイント

  • 食育健康アドバイザーは飲食業界、教育機関、医療・介護福祉の場で活用できる
  • 食の知識を使って講演会やセミナーなどを開催可能
  • 試験の難易度は易しいが独学では時間がかかる
  • 取得後は家庭から仕事まで活躍の幅は広い
  • SARAスクールのプラチナコースを受講すれば試験免除で資格が取得できる

食育健康アドバイザーは難易度が易しい上に取得すれば仕事に活用できるため、取得しておいて損のない資格です。

他の資格と迷っている、取得を迷っているという方には、生活や仕事に役立つ食育健康アドバイザーの取得をおすすめします。

SARA 食育資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

管理人・茜
その他いろいろな食育資格を紹介していますのでコチラもご覧ください♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-食育
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~