掃除・収納

整理収納アドバイザー準1級とは?2級と1級との違いを解説

「収納について学んでみたいから、資格取得を目指してみようかな。」

「整理収納アドバイザーの準1級って2級・1級どう違うの?」

整理収納アドバイザーの資格取得を目指してみようと思ったものの、2級、準1級、1級と分かれていてちょっと分かりにくいですよね。

難易度が違うんだろうな、という予想はできても、自分にとってどれが必要なのかぱっと見ただけでは分かりません。

そして準1級は絶対取得しなければいけないのも気になりますね。

今回はそんなあなたのために、整理収納アドバイザー準1級について詳しく解説していきます。

2級、1級を解説しながら、違いについてご説明しますね。

管理人・茜
準1級は1級をめざす人なら必須!

2級・準1級ダブル取得!
\試験もお家で好きなときに!/

ユーキャン整理収納アドバイザー講座を見てみる

お試し返金保証付きだから安心

整理収納アドバイザー準1級はどんな試験?

整理収納アドバイザー準1級はどんな試験?

整理収納アドバイザー準1級は、以前「理収納アドバイザー1級予備講座」として開設していました。

2日間の講習を受講し、最後に確認テスト。

そのテストに合格すると整理収納アドバイザー準1級が取得できます

1級を受験するためには準1級の取得が条件です。

管理人・茜
ユーキャンは講座を受けなくても取得ができますよ。

2級・準1級ダブル取得!
\試験もお家で好きなときに!/

ユーキャン整理収納アドバイザー講座を見てみる

お試し返金保証付きだから安心

整理収納アドバイザー2級から1級までの内容

改めて整理収納アドバイザー各級についてご紹介。

2級から順番に、カリキュラムなどを説明していきますね。

各資格の概要

受講・受験制限受講・受験形態アドバイザーとして仕事ができる
整理収納アドバイザー2級なし現地・オンライン×
整理収納アドバイザー準1級あり現地・オンライン×
整理収納アドバイザー1級あり現地・オンライン

整理収納アドバイザーの資格は、どれも現地・オンラインのどちらかを選ぶことが可能。

受講会場が近くにない、という方でも受講可能になっています。

職業として整理収納アドバイザーを目指す方は、1級取得が必須

2級までは、自分自身の整理や収納に役立てる、身近な人の相談にのる、といったレベルまでです。

1級の資格取得には、2級、準1級の資格取得が条件となります。

2級の受講制限は、日本語が理解できれば特にありません。

整理収納アドバイザー2級

受講時間1日
平日、土日それぞれ開講
受講形態現地・オンライン
受講制限日本語が理解できること

カリキュラム

  • 整理の効果について考える
  • 現状の整理のレベルを知る
  • モノの本質と人との関わりを考える
  • 整理を妨げる要因を知る
  • 整理収納スキル5つの鉄則
  • 覚えておきたい収納の原則
  • 整理収納の理論に基づいた実例

2級で学べる内容は、自分の部屋だけでなく、キッチン、クローゼット、リビングなど、家庭のあらゆる場所についてです。

基本的な考え方を理解すれば自宅以外にも応用できますし、引っ越し先でももちろん役立てることができます。

「自宅も気になるけど、実家の整理もしたい」

そんな悩みも解消できます!

管理人・茜
他の級も見ていきましょう。

整理収納アドバイザー準1級は1級取得に必要

準1級

受講時間2日間(連日)
受講形態現地・オンライン
受講制限以下のいずれかの資格を取得していること
・整理収納アドバイザー2級
・整理収納アドバイザー2級認定WEB講座
・職場整理収納アドバイザー(旧BAV)
・整理収納教育士
・オフィス環境診断士2級
・整理収納アドバイザー オフィス&ホーム
・住宅収納スペシャリスト
・企業内整理収納マネージャー

カリキュラム

<講義>
・整理概論
・収納概論
・家庭内整理の基礎知識

<実習>
・アドバイザーシミュレーション
・メンタルシミュレーション
・まとめテスト

準1級は、2級の資格取得が条件となります。

2級よりさらに専門的な知識を学び、プロとして活躍するために必要なシミュレーションも行います。

1級は試験だけですので、準1級は1級合格のための講義や実習、と考えることもできますね。

整理収納アドバイザー1級

1次試験受験時間60分
受験形態筆記試験(マークシート)
もしくは、CBT試験(コンピューター)
受験資格準1級認定講座受講修了者
2次試験受験時間1人発表時間20分間
受験形態会場
もしくはオンラインZoom、動画提出
受験資格1級1次試験合格者

1次試験の問題は、準1級認定講座のテキストから出題されます。

問題数は100問で、70点以上で合格となります。

ハウスキーピング協会の発表によると、合格率は70~80%。

すごく難易度が高い、というわけではなさそうです。

 

2次試験は、自分で決めた研究発表テーマについて発表します。

会場で発表するのが基本の形ですが、会場まで行くのが難しい方もいますよね。

その場合は、Zoomでの発表や撮影した動画を提出する形を選ぶこともできます。

管理人・茜
合格基準は70点以上で、合格率は80~90%。

金額についてはこちらをご覧ください。

整理収納アドバイザーのどの資格取得を目指せばいい?

整理収納アドバイザーの資格を取得するにしても、自分は何級を目指すべきなのか迷いますよね。

<資格取得のポイント>

整理収納アドバイザーとして仕事をしたいかどうか

整理収納の基本的な知識は、2級取得のための勉強で十分身につきます。

しかし、整理収納アドバイザーとして仕事をするには、1級の資格取得が必須。

はじめから1級取得を目標に、勉強を始めるのが良いでしょう。

 

実際に勉強してみないと相性などは分かりませんよね。

思った以上におもしろくて、「やっぱりアドバイザーになりたい!」というのも、もちろんアリです。

管理人・茜
1級取得を取得したいなら準1級は必須!

2級・準1級ダブル取得!
\試験もお家で好きなときに!/

ユーキャン整理収納アドバイザー講座を見てみる

お試し返金保証付きだから安心

整理収納アドバイザーの資格取得ならユーキャンがおすすめ!

整理収納アドバイザーの資格取得には、ハウスキーピング協会から申し込む形と、ユーキャンの講座を受ける形があります。

1級取得を目指すなら、ユーキャンの整理収納アドバイザー講座がおすすめです!

簡単にそれぞれの講座を比較してみましょう。

ハウスキーピング協会ユーキャン
取得できる資格整理収納アドバイザー2級
整理収納アドバイザー準1級
整理収納アドバイザー1級
整理収納アドバイザー2級
整理収納アドバイザー準1級
2級、準1級資格取得までの費用2級講座:24,700円
準1級講座:36,300円
計 61,000円
(2級WEB講座:14,850円)
一括:44,000円
分割:3,700円×12回
総計44,400円
資格取得までにかかる時間2級講座:1日
準1級講座:2日間
(2級WEB講座:60日間)
標準学習期間:4ヶ月

ユーキャンで受講するメリット

  • 準1級資格取得までの費用を抑えられる
  • 自分のタイミングで勉強を進めることができる
  • テキストの他、DVDなどでプロのノウハウを学ぶことができる

現地会場で講義を受けるには、時間を確保し、会場まで行く必要があります。

家庭や仕事の事情から、1日でも家を空けるのは難しい、という方もいらっしゃいますよね。

ユーキャンの講座であれば、時間や場所に縛られることはありません。

短時間の勉強を続けることで、資格を取得することも可能。

しかも、ユーキャンなら準1級まで資格が取得できます

ユーキャンの準1級認定証があれば、1級の試験に申し込むことができるんです。

一度の申し込みで2級、準1級の資格取得ができるのは、忙しい方にとって嬉しいですね。

 

ユーキャンはメールサポートも実施しているので、分からないことがあれば質問できます。

資格取得のための課題も、何回でも提出可能なので、大切なポイントをしっかり吸収することができるでしょう。

2級・準1級ダブル取得!
\試験もお家で好きなときに!/

ユーキャン整理収納アドバイザー講座を見てみる

お試し返金保証付きだから安心

口コミはこちら。

まとめ


ポイント

  • 整理収納アドバイザー準1級は、1級を取得するための準備
  • 整理収納アドバイザーとして活躍するには、1級資格が必須
  • 整理収納アドバイザー準1級までの資格取得ならユーキャンがおすすめ!

整理収納の知識は、一度身につければ一生使える知識です。

自分や家族など、身近な人と快適な生活をしたいのであれば、2級の資格で十分。

もっとたくさんの人の役に立ちたい!というのであれば、アドバイザー目指して、まずは1級の資格を取得しましょう。

きっとあなたの部屋だけでなく、生活そのものを変えてくれる資格になることでしょう。

2級・準1級ダブル取得!
\試験もお家で好きなときに!/

ユーキャン整理収納アドバイザー講座を見てみる

お試し返金保証付きだから安心

-掃除・収納
-

© 2022 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~