食育

フードコーディネーターは独学可能?おすすめの勉強方法は?

食の資格の中でも有名なフードコーディネーター資格。

食のスペシャリストとして活躍したい人はまず 取得を考える人気の資格です。

フードコーディネーター資格はどのようにして取得できるのでしょうか。

今回は「フードコーディネーターは独学可能?おすすめの勉強方法は?」についてお伝えします。

管理人・茜
フードコーディネーターの資格を取りたいけど勉強方法がわからない。 独学で合格することは可能? そんな疑問にお答えします。

フードコーディネーターは独学可能?

フードコーディネーターは独学可能です

フードコーディネーターは幅広い食の知識が必要ですが、必ずしも学校で学ぶ必要はありません。

市販のテキストを使って独学で勉強は可能です。

中でも3級は独学で合格している人も多くいます。

独学の場合、日本フードコーディネーター協会が指定している公式テキスト「フードコーディネーター教本」を使用して学習を進めます。

フードコーディネーター資格認定試験は3級から1級まであり、2級以上は下の級を取得していることが受験資格を得る条件です。

なので、初学者は3級から勉強する必要があります。

フードコーディネーターの独学でのメリット・デメリット

独学で学習を進めていくにあたり、メリットとデメリットが存在します。

どのようなメリット・デメリットがあるのか。

下記に説明します。

独学でのメリット

メリット

  • 自分のペースで学習が進められる
  • 費用をあまりかけずに資格取得できる

独学の一番のメリットは、自分の好きな時に勉強ができること。

仕事や家事などで忙しい人でも空いている時間を見つけて学習が進められます

お金があまりかけられないという場合でも、フードコーディネーターの独学での学習に使うものは公式テキストと問題集のみなので費用はあまりかかりません

独学でのデメリット

デメリット

  • 経験や実践の場がほとんどない
  • 3級と比べ、2級、1級は難易度が高いので独学で合格することが非常に難しい

フードコーディネーターは知識の他に経験と実践を積むことでステップアップしていきます。

独学だと経験と実践を積む機会がなかなかありません

経験を積むには、自分で実践の場を探して参加するほかないのです。

独学で進めたい場合は、食に関わる仕事をするなどの努力をする必要があります。

3級の難易度は高くありませんが、2級、1級は難易度が高いため、独学で学習するより協会が開催している対策講座を受講することが合格への近道です。

フードコーディネーターのおすすめ勉強方法

3級と2級は日本フードコーディネーター協会が指定しているテキストを購入して学習を進めましょう。

各級の指定のテキストは以下になります。

  • 3級の教本は「フードコーディネーター教本 3級資格認定試験対応テキスト」
  • 2級の教本は「2級フードコーディネーター教本」

こちらのテキストでインプットを行ったあと、アウトプットをしっかり行います。

何度も繰り返し、知識を定着させてください。

3級には過去問題集「フードコーディネーター過去問題集 3級資格認定試験」が出版されています。

こちらを使って過去問を繰り返し解きましょう。

2級以上になると独学では難しくなります。

そうなると、通学か通信講座が選択肢に入ってきますが、おすすめは日本フードコーディネーター協会が開講している対策講座です。

しかし、対策講座は開催日程が決まっていること、検定試験とのセットで申し込むことが必須なことから自由に受けることができません。

  • 食の知識を得たい。
  • 食の安全や家庭での食育のために食の資格を取得したい。
  • 仕事や就職活動に役立てたい。

このようにすぐに資格を取得したいと考える方には、通信講座がおすすめです。

当サイトでは、SARAスクールの食育資格講座をおすすめしています。

フードコーディネーターより取得しやすい!SARAスクールの食育資格がおすすめ

諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの違いは?

通信講座SARAスクール
講座名食育資格取得講座
価格基本コース:59,800円(税込)
プラチナコース:79,800円(税込)
受講期間標準6か月(最短2か月)
資格試験基本コース:自己受験
プラチナコース:免除
取得できる資格食育健康アドバイザー
管理健康栄養インストラクター
メールサポートあり

SARAスクールで取得できる食の資格は2種類あります。

SARAスクールの食育講座の特長

最初に、SARAスクールの食育講座の特長を説明します。

SARAスクールの通信講座は在宅での資格取得が可能。

資格協会に認定された安心の通信講座です。

SARAスクールの食育講座は基本コースとプラチナコースの2種類。

どちらのコースも2つの食育講座の資格取得が可能。

プラチナコースは課題を提出すれば100%卒業時に資格を取得できるため、大変人気のコースです。

二つのコースの違いを比較してみました。

コース基本コースプラチナコース
特徴初期投資が安く済む課題を提出するだけで卒業時に資格認定
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)6ヶ月(最短1ヶ月)
資格試験自分で申し込み受験免除
課題提出のみ
受験料各資格10,000円講座代に込み

SARAスクールの基本コース、プラチナコースで取得できる資格は以下の2つです。

  • 食育健康アドバイザー
  • 管理栄養インストラクター

食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーは、日本安全食料料理協会が認定している資格。

取得をすれば食育の基本的な知識を習得しているとみなされます。

資格を取得後は食育のスペシャリストとして教育機関や介護施設で資格を活用。

自宅やカルチャースクールで講師として働くことも可能。

食育といえば子供にと想像することが多いですが、年齢に合わせた最適な食事バランスや摂取の基準を身につけ、提案もできます

管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターは、日本インストラクター技術協会が認定している資格。

取得すれば栄養素に関する知識や食品表示の読み方、腸内細菌が体に及ぼす働きの知識の他、食材への知識や理解度があるとみなされます。

人に教えるための資格でもあり、取得後はインストラクターとして指導することも可能です

 

どちちの資格も知識があれば講座を受けなくても直接資格協会で受験ができます。

しかし、SARAスクールで食育講座を受講すれば、食育健康アドバイザーと管理健康栄養アドバイザーの2つの資格を同時に短時間で取得できます。

フードコーディネーターに類似している資格を短期間で同時に2つ取得できるSARAスクールの食育講座は大変魅力的な通信講座ではないでしょうか。

SARA 食育資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

まとめ

 

通信講座SARAスクール
講座名食育資格取得講座
価格基本コース:59,800円(税込)
プラチナコース:79,800円(税込)
受講期間標準6か月(最短2か月)
資格試験基本コース:自己受験
プラチナコース:免除
取得できる資格食育健康アドバイザー
管理健康栄養インストラクター
メールサポートあり

ポイント

  • フードコーディネーターは独学で合格可能
  • 2級と1級は協会が開講している対策講座を受講するのが良いが制限が多く自由度が低い
  • 食の資格を急いで欲しい場合は通信講座のほうが効率良い
  • 通信講座は食育の資格が2講座同時に受講できるSARAスクールがおすすめ
  • SARAスクールのプラチナコースは講座を受講するだけで資格が取得できる

フードコーディネーターは独学で取得することが可能な資格ですが、級が上がるごとに難易度が上がり、2級からは独学で勉強することはおすすめできない難易度となります。

類似の資格で取得しやすいSARAスクールの講座で食育健康アドバイザーと管理健康栄養インストラクターを取得して、食から生活を豊かにしていきましょう。

SARA 食育資格取得講座公式HP

今すぐ在宅で資格取得!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-食育
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~