心理学の資格

コーチングの資格って難易度高い?勉強すれば取得できるの?

コーチングの資格を取得したい!

コーチング資格を取得したいと考えた時、その資格の難易度は気になるところ。

結論から言うと、コーチング資格の難易度はどの資格を取得するかによって大きく異なります。

勉強内容も同様。

座学だけでいいものもあれば、実技時間が含まれるものもあります。

同じコーチングなのに、どうしてそんな違いが生まれるのでしょうか。

いくつかの資格を比較しながら解説していきます。

管理人・茜
コーチングの資格はいろいろありますよ♪

コーチング資格の違いは?

コーチングには様々な名称の資格があります。

それはコーチング資格の性質によるもの。

まず、コーチング資格とはどんなものなのか見ていきましょう。

コーチングの資格は民間資格

コーチング資格は、全て民間資格

医師や弁護士といった国家資格と民間資格の違いは認定団体の違いです。

団体以外にも企業が認定するケースも。

それぞれ独自の認定基準を設定し、資格の認定を行っています。

資格取得のために求められる条件や過程も、認定する団体や企業によって差があるのです。

コーチングの資格名が違うのは認定する団体や企業が違うから

コーチング資格を取得する条件や過程が異なるように、資格名も団体や企業によって異なります。

例として以下のような資格名が多いですね。

  • 「○○コーチングスクール認定コーチ」
  • 「○○(団体名)認定コーチ」

それぞれの資格の違いは、認定する団体や企業によって特化している専門性や分野の違いとも言えます。

コーチング資格の難易度は?

コーチング資格は認定する団体や企業によって認定基準が異なる、とお伝えしました。

認定に必要なカリキュラムや条件が異なることで、当然資格取得の難易度も変わってきます。

具体的に見ていきましょう。

コーチング資格によって難易度はかなり違う

コーチング資格を取得するには、大きく2つの方法があります。

  • コーチングスクールに通う
  • 通信講座を受ける

あなたが取得したい資格を認定しているスクール、もしくは通信講座を選び、学習していきます。

そこで所定の条件を満たすことで資格取得が可能に。

資格取得の難易度は、取得方法よりも認定条件によって変わってきます。

主に下記のような認定条件が多いです。

  • 認定試験に合格する
  • レポート・添削課題を提出する
  • コーチング実技の条件を満たす

1つを満たせば資格が認定されるものもあれば、複数を満たす必要がある資格もあります。

なので勉強だけすればいいというわけではありません

コーチング資格取得条件の具体例

実際の資格取得条件を挙げてみましょう。

生涯学習開発財団認定コーチ

期間:約12~18ヶ月
費用:1,100,000円~11,650,000円
認定条件
・コーチ・エィ・アカデミアで所定のカリキュラムを修了
・1on1コーチを10セッション受けている
・5名以上へのコーチング実績

銀座コーチングスクール認定

期間:4クラスを各10時間受講(計32時間)
費用:198,000円
認定条件
・銀座コーチングスクールで所定のカリキュラム修了
・コーチとして5名以上へコーチングを行う
・認定試験合格

ライフコーチワールド認定

期間:6ヶ月
費用:400,000~500,000円
認定条件
・ライフコーチトレーニング修了
・2人以上のクライアントに対し、月2回以上のペースで4ヶ月以上、かつ6.0時間以上のコーチング実績
・メンタルコーチによるセッションを月2回以上のペースで4ヶ月以上、6.0時間以上受けている

日本実務能力開発協会認定

期間:6ヶ月
費用: 48,000円
認定条件
・テキストで学習後、確認レポートを提出
・修了確認レポートを提出

ラーキャリ

期間:無制限
費用:11,000円~49,500円
認定条件
・認定試験合格

ほんの一例を挙げただけでも、難易度に大きな差があることがお分かりいただけるでしょう。

実技時間にも大きな差があり、人によって資格取得までにかかる時間に大きな違いが出てきます。

また、資格を取得するにあたって費用も無視できないポイントです。

コーチング資格を取得するためにかかる費用も、団体や企業によって大きく差があります。

コーチングスクールに通うほど費用がかかり、通信講座を受講する方が費用を抑えられる傾向にあります。

あなたに必要なコーチング資格は?

コーチング資格は専門性や分野が異なるため、あなたに必要な資格を選ばなければなりません。

  • 今のビジネスに活かしたいのか
  • 転職に活かしたいのか
  • 私生活に活かしたいのか

目的をはっきりさせた上で、それぞれのスクールや通信講座の特徴を踏まえて決めていきましょう。

コーチング資格の選び方

まず、あなたがほしいコーチングの資格はどんなものでしょうか?

  • 国際的に通用する資格がほしい
  • 独立・ビジネスで活かせる資格がほしい
  • 人の人生を支えるライフコーチの資格がほしい
  • 子育てに活かせる資格がほしい

国際的に通用するコーチング資格であれば、国際コーチ連盟で認定条件を満たす必要があります。

独立、ビジネスに活かすのであれば、コーチングスクールに通ってもいいですし、通信講座で取得した資格で十分かもしれません。

子育てに活かせるコーチング資格も、通信講座で資格を取得することが可能です。

ほしいコーチング資格が明確になれば、おのずと通うべき通信講座やスクールも見えてきます。

その中から、あなたが通える立地条件や費用などを加味して絞り込んでいくといいでしょう。

通信講座で得られるコーチング資格は比較的難易度が低め

テキストで学習することがメインになりますし、認定試験も自宅で気軽に受けることができます。

まずは通信講座でコーチング資格を取得し、スキルやマインドに触れていくというのもいいかもしれません。

管理人・茜
こちらでもコーチング資格を紹介しています。合わせてご覧ください♪

おすすめはラーキャリのコーチングプロフェッショナル

通信講座ラーキャリ
講座名コーチングプロフェッショナル資格取得講座
価格通信講座+受験:49,500円
通信講座+受験(1万円引き):39,500円
通信講座のみ:38,500円
試験のみ:11,000円
受講期間無制限
受験方法在宅受験
取得できる資格コーチングプロフェッショナル資格
メールサポートあり

ラーキャリのコーチングプロフェッショナル講座はコーチングの基礎から、コーチングを行う上でのマインドまでを学ぶことができるカリキュラム。

基本は仕事で使えるようなカリキュラムを組まれていますが、プライベートでも活用可能。

資格試験のみを受ける選択も可能でコストを抑えることもできます。

ラーキャリのコーチングプロフェッショナル講座についてはこちらに詳しくまとめています。

管理人・茜
またラーキャリについてはこちらをご覧ください。

まとめ

ポイント

  • コーチング資格は民間資格で、認定する団体や企業によって名称が異なる
  • コーチング資格によって資格認定の基準が異なる
  • コーチングスクールに通うより、通信講座の方が手軽に資格を取得できる

コーチングはビジネスで使われるスキル、という印象が強いかもしれません。

しかし、コーチングとは双方向のコミュニケーションを元に相手の成長を促すスキルです。

ビジネスに限らず、家族、友人と幅広い相手との関係に活用していくことができるのです。

また、コーチングのスキルを自分自身に使用するセルフコーチングというスキルもあります。

自分自身の望みや目標を明らかにし、達成するために自分自身を成長させていくことができます。

ビジネスはもちろん、私生活を充実させることができるでしょう。

 

コーチングのスキルやマインドを知ることで、毎日の充実度が大きく変わってくるはずです。

ぜひあなたにあった学習方法で学んでいってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-心理学の資格
-, ,

© 2022 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~