パン

パンコーディネーターは仕事の役に立つ? 履歴書に書ける?

パンに関わる仕事を目指す人、実際仕事で関わっている人で、パンに関する資格を検討することがあるのではないでしょうか。

パン資格の1つパンコーディネーター資格

パンコーディネーターは、「パンを食べる視点からパンに関する適切な助言・提案を行なうことができるプロフェッショナル資格」。

製造というより、パンを楽しんで食べるためのアドバイスができるプロを目指すものとなっています。

そんなパンコーディネーター資格は、どのように仕事に役立つのか?履歴書に書けるのかを解説していきます。

管理人・茜
パンコーディネーターについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

\パン資格ならラーキャリもおすすめ/

パンコーディネーター資格が役立つ仕事とは?

コックコートを着た女性

パンコーディネーター資格が役立つ仕事は具体的にはどのようなものがあるか見てみましょう。

ポイント

  • パン販売員
  • カフェ店員
  • 飲食関係の企業、製パンメーカー勤務
  • パン教室の先生
  • 主婦・主夫の方

詳しく解説します。

パン販売員

まずはパン屋の販売員。

パンコーディネーター資格のカリキュラムの中には、パンのテイスティングをしてパンの特徴への理解を深める内容があります。

パンと料理のペアリングや、様々なパンの食べ方や楽しみ方を学びます。

そのため、店舗でお客様がパンをより楽しめるアドバイスができるようになるのです

お客様に「店員さんに教えてもらったあのパン美味しかったよ」「あのパンを〇〇と一緒に食べたら美味しかったよ」と言ってもらえたらうれしいですよね。

カフェ店員

カフェでパンを出しているお店も多いと思います。

パンコーディネーター資格のカリキュラムで、パンと素材・料理の美味しい組み合わせ、ペアリングを。

そして自宅課題ではパンメニューの商品提案というものもあり、提案力を高めたりすることができます。

お客様のメニュー選びに助言ができたり、自身でメニューを提案されたり、店員としての自信につながりますね。

管理人・茜
コーヒーの資格を取得しているとさらに効果的!

飲食関係の企業、製パンメーカー勤務

特にパンに関わる企業に勤める人にも力になってくれる資格です。

食シーンが多様化し、パンのニーズも幅広く、企業内でもパンの知識が求められています。

パンコーディネーター資格でパンのコーディネーションの基礎知識を身に付けることで仕事に活用可能。

さらに、パンコーディネーターエキスパート資格では、パンに関わる企画提案に必要な知識を学ぶことも。

認定試験の課題では実際の企業に提案する、パンに関する商品企画書の作成を行います。

自身が作成した商品企画書は提出後に詳細に分析され、アドバイスやコメントを加えて返却されるとのこと。

管理人・茜
キャリアアップに力強い味方になってくれそうな資格ですね。

パン教室の先生

自宅でパンを作りたい、もっと数多くのレシピを知りたい人へパン作りを教えるパン教室。

自宅でパン教室を開く人も増えていますよね。

パンの作り方を教えるだけではなく、パンの魅力を伝えていく必要がある職業。

パンを作った後に、それに合ったメニューのランチ付きの教室は非常に人気が高いです。

パンコーディネーター資格を取得することで、パン教室の強みに。

さらにパンコーディネーターアドバンス資格まで取得することで、パンに関わる教授法を専門的に学ぶことができます。

また、コーディネーターアドバンス資格を取得すると自身が企画・運営するパン教室に一般社団法人日本パンコーディネーター協会の推奨を得られます。

さらにパンコーディネーター認定講座の講師としても活動可能!

パンの講師としての活動の幅を広げることができるのです。

主婦・主夫の方

もちろん主婦・主夫の方でも取得している人も多くいます。

パン好きな家庭では食卓をさらに彩ることができる知識になります。

そして、パンの栄養学や食品添加物などを学ぶカリキュラムもあるので、安心安全なパンの楽しみ方につなげることも可能。

家族の健康を考える主婦の方にも心強い資格です。

パンコーディネーターは履歴書に書ける?

「パンに関わる仕事に就きたくてパンコーディネーター資格を取得したけど、履歴書に書けるの…?」

管理人・茜
パンコーディネーターは履歴書に書くことができます!

前述した通り、パンコーディネーター資格は公的資格でもあります。

自信をもって「免許・資格」の欄に取得した年月と「パンコーディネーター資格」と書きましょう。

ただ、「パンコーディネーター」という名称が幅広く知られているわけではないのが現状です。

しかし、履歴書に書いてある「パンコーディネーター資格」を相手が見て、「この資格は何?」と興味を持ってくれたらチャンスです!

パンコーディネーター資格の講座でどんなことを学んだかを簡潔に伝え、パンについての知識を持っていることをアピールしましょう。

例えば、

「パンコーディネーター資格認定講座を3日間受講し、パンの原材料や製法によってパンの楽しみ方が変わることや、料理とのペアリングによってよりパンを楽しむことをできるようになりました。

この知識をさらに深めながら、パンを購入されるお客様にパンの楽しみ方を提案できる店員を目指したいです。」

など、相手が求める能力を持っていることをアピールできれば、とても魅力のある人材であることが伝わりますね

やはり、パンに関わる仕事をしている人にとって、パンについて資格を取得するほど勉強している人材は非常に魅力的です。

履歴書でパンについてしっかり勉強をした証である「資格」を取得いることをきちんと伝えましょう。

ラーキャリのパンプロフェッショナルもおすすめ

ラーキャリパンプロフェッショナル

もっとパンの資格を取得したい!

手軽に取れるパン資格はないかな?

そんな方におすすめはラーキャリのパンプロフェッショナル資格

パンの基礎知識からパンに使用される原料、製造方法から、パン屋を開業など、自宅でパンについてさまざまな知識を勉強できます。

パンコーディネーターと合わせて取得をおすすめします。

まとめ

パンコーディネーター資格がどのような仕事に生かせるのか、履歴書に書けるのかをまとめてきました。

ポイント

  • パンに関わる様々な職業で生かすことができる資格
  • 履歴書に書くことができる!
  • 資格は自分の知識をアピールできる強い味方

パンコーディネーター資格講座での魅力は、世界のパンを知ることができます。

さらにテイスティング分析で特徴への理解度を深めることができ、パンと料理のペアリングを知り、パンの食シーンに応じた食べ方・楽しみ方が分かり・・・とパンについての知識がもりだくさん。

楽しく学んで、仕事に生かせる講座ですので、パンに関する仕事に就くことを検討されている人、現在の仕事のキャリアアップをしたい人は、ぜひ受講を考えてみてはいかがでしょうか。

またラーキャリのパンプロフェッショナルもおすすめ。

ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-パン
-, ,

© 2022 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~