心理カウンセラー

カラーセラピストの求人はある?仕事内容や収入は?

カラーセラピストに興味があるけど求人や収入はどれくらいなの・・・?

カラーセラピスト資格は、カラーセラピストは色で心を癒す事ができる資格。

セラピストは今の社会に求められています。

そのため資格を取得して職業にしたいと考えている方もいるのではないのでしょうか。

そんなとき、実際仕事があるのか、収入はどのぐらいか気になりませんか?

カラーセラピストの仕事内容(一例)

  • セラピストとして患者へのカウンセリング
  • 知識を活かしたカラーセラピスト養成講座の開校
  • メルカリでのグッズ販売
  • ココナラでのオンライン施術 など

今回は、カラーセラピストの求人はどのくらいあるのか、カラーセラピスト資格を取得するための方法などを紹介していきます。

この記事で、カラーセラピストの実際の状況を把握でき、資格を取得するためにはどういう行動をとるべきか分かります。

これから、カラーセラピスト資格を取得して、実際に仕事やスキルアップに繋げたい人はぜひチェックしてください。

管理人・茜
それでは早速、カラーセラピストの実際の状況を紹介していきます。

カラーセラピストの求人はある?

カラーセラピスト求人は、インターネットの求人情報サイトで見つけられます。

件数的には多くありませんが、保育園、病院などさまざまな場所で活躍できそうです。

はじめからカラーセラピストとして働けない職場もあるかもしれませんが、将来的に活動できるか確認しておきましょう。

企業に雇用してもらう方法もありますが、最近は他に働く方法もあります。

次の「カラーセラピストの仕事内容」で紹介します。

管理人・茜
カラーセラピストの求人はそこまで多くない印象です。

カラーセラピストの仕事内容

カラーセラピストの仕事内容は、下記の通り。

カラーセラピストの仕事内容(一例)

  • セラピストとして患者へのカウンセリング
  • 知識を活かしたカラーセラピスト養成講座の開校
  • メルカリでのグッズ販売
  • ココナラでのオンライン施術 など

あくまで一例となりますが、カラーセラピストは幅広い分野で活躍できる資格です。

コツコツ自分で情報発信をして自分のセラピスト教室を開講可能。

また、高齢者センターや地域センターでの講座やセミナーの講師をつとめられます。

このあたりのことは、自分の性格や地域の状況でも変わってきますので、どの仕事内容が活躍できそうか考えておきましょう。

管理人・茜
自分のできる範囲から始めるとうまくいきますよ。

カラーセラピストの平均収入

カラーセラピストの平均収入や年収は、アルバイト・正社員などの雇用の携帯によってさまざまです。

セラピストの正社員として働いた場合には月収25万円の収入があるものもあれば、時給1,000円前後のアルバイトもあります。

職場でカラーセラピストの技能を活かせる職場であれば、それだけ手当を頂けるかもしれません。

ただしカラーセラピストの平均的年収200万ほど。

独立し、スクール経営などをすれば更に稼げますが、現状カラーセラピストだけで生計を立てるのは難しいでしょう

そのため、今の仕事にプラスアルファのスキルとして取得するのがおすすめ。

資格取得の学習を進めながら、活かせる職場は近くにあるか探しておくと良いでしょう。

管理人・茜
収入は活動次第で大きく変わります。またプライベートでも活用できるので給料だけで判断しないほうがいいでしょう。

カラーセラピスト資格の種類

カラーセラピスト資格の種類は、下記の通り。

カラーセラピスト資格の種類

  • カラーセラピスト(R)(日本色彩環境福祉協会)
  • カラーセラピスト(日本能力開発推進協会)
  • カラーセラピー
  • 色彩インストラクター
  • カラーアドバイザー
  • TCカラーセラピスト
  • カラーセラピスト資格(ラピス認定)

順番に解説していきます。

カラーセラピスト(R)(日本色彩環境福祉協会)

日本色彩環境福祉協会認定のカラーセラピストは、 CUS®色彩理論・心理学の基礎・カラーセラピー技法・カウンセリング技法を段階的に学べるカウンセリング資格

色彩交流カードという独自のカードを使いながら、作品作りを通して相談者をリラックスさせられます。

カラーセラピスト(日本能力開発推進協会)

日本能力開発推進協会認定のカラーセラピストは、色によって心理状態を把握し、相談者を癒せるようになるカウンセリング資格

言語化できなかったり、相談者自身が気付かなかったりするようなストレスも選んでもらう色から読み取れます。

また、カラーセラピーの知識とテクニックによって解決させられることを第三者へのアピールも行えます。

カラーセラピー

日本メディカル心理セラピー協会認定のカラーセラピーは、カラーセラピーを通して、心のケアを中心とした技術が一定水準に達していることを証明できるカウンセリング資格

日本でも色彩治療法という呼び方で浸透しつつあるカウンセリング方法は、うつ病の治療法にも用いられています。

カラーセラピー資格で得た知識や技術も心のケアに役立てられます。

日本メディカル心理セラピー協会に関しては、関連記事で紹介していますので、気になった人は参考にしてください。

色彩インストラクター

日本インストラクター技術協会認定の色彩インストラクターは、色の性質・心理・表現や伝える方法などの知識が問われるカウンセリング資格

本資格を取得することによって、カラーカウンセラーに関する知識を身に付け、指導ができるようになります。

日本インストラクター技術協会に関する内容も関連記事にありますので、気になる人は読んでみてください。

カラーアドバイザー

日本デザインプランナー協会のカラーアドバイザーは、色の性質や選択のアドバイスができるようになるアドバイザー資格

色はその種類によって与えられる印象は大きく異なります。

その結果、選んだ色によって心理的な面にも影響を与えるので、的確なアドバイスをする専門家であるカラーアドバイザーが重宝されるような場面が出てくるのです。

TCカラーセラピスト

株式会社 トゥルーカラーズが運営するTCカラーセラピストは、家族や友人の心のケアを目的にしている独自のカラーセラピーシステムが学べるカウンセリング資格

資格取得後は、カラーセラピーをスピリチュアルなものとしてするのではなく、色彩心理をベースにきちんと裏付けされたカウンセリングのツールとして用いることが可能です。

カラーセラピスト資格(ラピス認定)

株式会社ラピスが運営するカラーセラピスト資格は、16タイプ・カラーセラピーカードを用いて外見に似合う色とカラダが必要とする色を調整するカウンセリング資格

色彩心理やカラーセラピーを学びたい人におすすめで、仕事上でクライアントや家族へのカウンセリングができるようになります。

管理人・茜
認定団体によって、その用い方や認知度も変わってきます。

カラーセラピストになるにはどうすればいいの?

カラーセラピスト資格について解説してきましたが、実際に資格を取得するためには専門的な知識を学んで受験する必要があります。

ここでは、カラーセラピストになる手段を下記方法に分けて紹介していきます。

カラーセラピストになる手段

  • 通信講座
  • 専門学校に通う
  • 独学で勉強する

順番に解説していきます。

通信講座

通信講座は資格によっては対応している講座や、認定団体の講座を修了しないと受験できない資格があります。

たとえば、ユーキャンのカラーセラピスト講座は日本色彩環境福祉協会認定のカラーセラピスト資格に関する講座。

効率的・網羅的にカラーセラピーに関する学習ができます。(ユーキャンの講座は後ほど詳しく解説していきます)

他にも、キャリカレのカラーセラピスト資格取得講座は、日本能力開発推進協会認定のカラーセラピスト資格を受験するためには必ず受講する必要があります。

通信講座のメリットは、自分の好きな時間・場所で学習できること。

そのため、仕事や育児をされてなかなか学習の時間を確保できない人におすすめの方法です。

専門学校に通う

カラーセラピストになるために専門学校に通う方法も効果的です。

理由は、知識や経験が豊富な講師に直接指導がしてもらえるから。

テキストだけで理解するのと、直接実技で指導してもらえるのでは直接指導のほうがより理解を深められます。

ただしカリキュラムや授業の方法に関して、自分の取得したい資格に対応しているか確認しておく必要があります

他にも、決まった時間や場所で学習を進める必要があるので、ある程度融通が利く人にしかおすすめできません。

独学で勉強する

カラーセラピー資格の学習をする人の中には「なるべく費用はかけたくない」と考える人もいるでしょう。

そういう人には、独学で勉強するというのも一つの手段ではあります。

書店で専門書を探してきて、自宅や図書館などで行えます。

独学は費用をかけずに学習できますが、取得したい資格の内容を効率的に学ぶことは難しいです。

しかしカラーセラピーに関する知識を低価格で学びたい人にはおすすめの方法といえます。

管理人・茜
自分の学習する理由や目的によって、学習方法も選びましょう。

ユーキャンのカラーセラピスト講座

ユーキャンのカラーセラピスト講座は、当サイトでもおすすめの講座です。

その特徴や口コミを紹介していきます。

管理人・茜
先ほど紹介したキャリカレの講座の違いも紹介♪

ユーキャンのカラーセラピスト講座の特徴

ユーキャンのカラーセラピスト講座の特徴は、「5つのカラーセラピー技法と4つのカラーワーク」を学んでいき、実践できるようになること。

相談する人は、その人・その心の状況がさまざまです。

そのため、より多くのカウンセリング方法や技術を身に付けておく必要があります。

ユーキャンの講座は、5つのカラーセラピーの手法を使い分けられるので、その人にあったアドバイスや心のケアが可能になります。

ユーキャンの講座の口コミや評判

ユーキャンの講座の口コミや評判は、「カラーで見やすい」「分かりやすい」「納得しながら学習が出来る」などがありました。

テキストがきちんとしているものだと、学習のときに理解しやすく安心して継続できそうですね

管理人・茜
ユーキャンが運営する学びーズで実際に受講した人の感想が掲載されています。

キャリカレの講座との違い

取得資格カラーセラピストカラーセラピスト
講座名ユーキャンカラーセラピスト講座キャリカレカラーセラピスト資格取得講座
受講期間4ヶ月3ヶ月
受講費用38,000円51,800円
⇒ネット申込41,800円
資格試験修了で資格取得修了後、随時受験
特徴・オールカラーのテキスト・カラーカードなど副教材が充実
・分かりやすいDVD動画レッスン
・カラーワーク、添削課題4回
・テキスト・動画講義で学習
・即戦力に必要な知識・技術
・キャリアコーディネーターが就職・転職支援してくれる

ユーキャンのカラーセラピスト講座とキャリカレのカラーセラピスト資格取得講座の違いは上の表の通りです。

ユーキャンは、講座を修了するだけで資格を取得できるのに対し、キャリカレ修了後、日本能力開発推進協会認定のカラーセラピスト資格を受験する必要があります。

当サイトおすすめは、ユーキャンのカラーセラピスト講座です。

その理由は、1日30分だけコツコツ学習を進めていけば、着実にカラーセラピストとしての知識や技術を習得できるからです。

そのため、なかなか学習に時間がとれない人にもおすすめの講座となっています。

管理人・茜
取得できる資格も変わってきますので、あらかじめ自分の取りたい資格が何かを確認しておきましょう。

まとめ

カラーセラピストになる手段

  • 通信講座
  • 専門学校に通う
  • 独学で勉強する

ここまで、カラーセラピストの求人をはじめ、仕事内容・収入などを紹介してきました。

カラーセラピスト資格は、さまざまな団体で取得できるので、どの資格が自分にとって都合がいいのかを考えながら選びましょう。

学習方法に関しても、自分のライフスタイルに合った方法を見つけてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-心理カウンセラー
-, ,

© 2022 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~