コーヒー

カフェオーナー経営士資格とは?独学の難易度・メリット

一息つきたい時、友達とゆっくりお話したい時、勉強や仕事に集中したい時などにカフェを利用するという方も多いのではないでしょうか?

そんなカフェを経営してみたい!という方もいらっしゃることでしょう。

ですが一口に「カフェ経営」と言っても

  • 接客
  • 調理
  • 管理
  • 経営

など、実はやらなければいけないことが山積み・・・

初めての方にはハードルが高く思えるカフェ経営。

そのための基礎知識を身につけることができる「カフェオーナー経営士資格」という資格があるのはご存知でしょうか?

今回の記事ではカフェオーナー経営士資格がどんなものなのか、取得のメリット、難易度、勉強方法まで徹底解説していきます。

管理人・茜
カフェを経営したい方の背中を少しでも押すことができれば嬉しいです!

カフェオーナー経営士資格とは?

資格名カフェオーナー経営士資格
認定団体日本安全食料料理協会(JSFCA)
受験資格だれでも受験可能
勉強方法独学・通信講座
受験方法在宅受験
難易度/合格基準/ 70%以上の評価
受験費用10,000円(税込)
問われる内容・コーヒーの専門知識
・マーケティング知識、戦略
・開業時の内装、設備の知識
・カフェの企画力 など

カフェオーナー経営士資格とは、カフェオーナーになるための知識や、実務で活用できる技術力を持っているということを認定する試験です。

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催しており、食品や料理、食育の技術や知識が一定水準以上ある人に、それを証明する資格を提供しています。

カフェオーナーは利益を出すために、幅広く知識を身につける必要があります。

カフェオーナー経営士資格試験に向けて勉強することによって

ポイント

  • コーヒーの専門知識
  • マーケティング知識、戦略
  • 開業時の内装、設備の知識
  • カフェの企画力

など、カフェ経営に関してオールラウンドな知識を身につけることができます。

管理人・茜
どれもカフェ経営の実践にすぐに生かせそうなものばかりですよね。

カフェオーナー経営士資格のメリットは?

カフェオーナー経営士資格を取得することで得られるメリットは次の通りです。

メリット

  • カフェ経営に関する知識、技術力の証明
  • カフェ経営に対しての安心に繋がる
  • カフェ経営に関する講師として活躍できる

詳しく見ていきましょう。

カフェ経営に関する知識、技術力の証明

いくら「カフェ経営を勉強しました!」と言ってもそれを体現するのはなかなか難しいもの。

ですが「資格」というものさしによって、誰からも「この人はしっかりとカフェ経営に関しての知識や技術を学んだ人なんだな」ということがわかります

カフェ経営に対しての安心に繋がる

初心者がカフェ経営をやろう!と思っても、まずどこから手をつけたら良いのかわからないですよね。

カフェオーナー経営士資格について勉強をすればカフェ経営に関しての基礎知識、技術力が身につきます

カフェの経営はリスクが高そうで怖い・・・と考えている方も資格取得することで安心してカフェ経営が始められます。

カフェ経営に関する講師として活躍できる

カフェオーナー経営士資格取得のために勉強した知識や技術を活かし、カフェ経営に関する講師として活躍の幅を広げることも可能です

カフェ経営の経験を積んだ上で資格も持っていれば、講師として活躍する上での信頼に繋がります。

カフェオーナー経営士資格の独学の難易度は?

カフェオーナー経営士の資格試験は独学でも受験可能

しかしカフェオーナー経営士の専用教材やテキストは市販されていません。

また試験範囲なども公表されていないため、かなり知識や経験がないと合格はむずかしいでしょう。

一般的に試験勉強の対策をするときは、過去問を解いたり、試験範囲予想に沿った問題集を解いたりしますよね。

そのような指標がない状態だと、広く深くの勉強が必要。

そのためカフェオーナー経営士資格の独学での難易度は比較的高めと言えるでしょう。

カフェオーナー経営士資格試験の勉強方法は?独学・通信講座比較

カフェオーナー経営士の勉強方法は一般的な資格試験と同じ。

独学か通学か通信講座で勉強していきます。

各勉強方法のメリットデメリットは次の通り。

独学

メリット

  • 自分のペースで勉強できる
  • カフェで働いている場合はその知識をもとに学習できる

デメリット

  • 勉強範囲がわからないため勉強に時間がかかる

通信講座

メリット

  • 学習の進捗がわかりやすい
  • 資格取得のために必要な知識をピンポイントで学習できる

デメリット

  • 受講料がかかる

 

独学は自分のペースやコストがかからないというメリットがあります。

その反面、出題範囲がわからないので、勉強の効率が悪いというのがデメリット。

通信講座は独学より費用がかかりますが、出題範囲をピンポイントで学べるため、効率よく勉強できます

管理人・茜
カフェ経営経験がない初心者こそ通信講座の利用がおすすめです。

カフェオーナー経営士おすすめの勉強方法はSARAスクール

通信講座SARAスクール
講座名カフェオーナー経営士資格講座
価格基本コース:95,000円(税込)
プラチナコース:115,000円(税込)
受講期間標準6か月(最短2か月)
資格試験基本コース:自己受験
プラチナコース:免除
取得できる資格カフェオーナー経営士資格
コーヒーソムリエ資格
メールサポートあり

前述したとおり、カフェオーナー経営士資格は教材が市販されていません。そのため「確実に資格取得をしたい!」という方には通信講座を利用することをおすすめします。

ただ通信講座は受講料がかかるため「せっかく受講したのに不合格だったらどうしよう・・・」と躊躇してしまう方も少なくありません。

そんな方におすすめなのが「SARAスクール」です。

SARAスクールではカフェオーナー経営士の勉強ができる「カフェオーナー経営士資格講座」が開講。

コーヒーについての専門的な知識・技術やマーケティングの基礎、開業計画などを学べるのはもちろん、なんとコースによっては試験しなくても資格取得できるんです。

そんなSARAスクールの「カフェオーナー経営士資格講座」には「基本コース」と「プラチナコース」の2種類あります。

基本コース

届く教材に沿って学習、添削を重ね、資格試験を受験するコース。

メモ

  • 資格試験:自分で申し込み
  • 期間:資格取得まで約3ヶ月

プラチナコース

届く教材に沿って学習、添削を重ね、そのまま資格取得となるコース。

メモ

  • 資格試験:免除
  • 期間:資格取得まで約1ヶ月

プラチナコースはさらにカフェオーナー経営士資格と一緒にコーヒーソムリエ資格も取得可能

管理人・茜
仕事で忙しい方、確実に資格取得したい方、すぐにでも資格が欲しい方におすすめです。

まとめ

ポイント

  • カフェ経営に関する知識、技術力の証明になる
  • 独学での難易度は高め
  • SARAスクールでの受講が効率的

カフェオーナー経営士って初めて聞いた!という方も、興味が元々あった方も、どんな資格なのかがわかったのではないでしょうか?

「経営って難しそう・・・」と思っている方も、本当にカフェが好きなら大丈夫!

勉強して得られる可能性は無限大です。

管理人・茜
無限大の可能性を掴むための選択肢の1つに「カフェオーナー経営士資格」を入れてみてはいかがでしょうか?きっと新しい一歩が踏み出せますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!

-コーヒー
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~