簿記検定

簿記資格は今後必要なくなる? 取得のメリットとは

AIの発達によって多くの人間の仕事は消えていくと予想されている今。

10年後には約半数の仕事がなくなるといわれています。

なくなる仕事の1つと言われている経理

  • 「経理の仕事はAIで代替できる」
  • 「会計ソフトの進化により簿記の資格は必要なくなる」

という噂も少しずつ聞こえてくるようになりました。

これから簿記資格を取って経理のキャリアをスタートさせようとしている方には気になる話ですよね。

今回は「簿記資格は今後必要なくなる?取得のメリットとは」という疑問について解説します。

管理人・茜
簿記の資格をいかしたいと考えている方は要チェック♪

必要ない?簿記資格は今後なくなると言われる理由?

簿記資格が必要なくなると言われている理由は次の通りです。

ポイント

  • AIの発達により経理業務は人間でなくてもできる
  • 会計ソフトの進化による作業の簡素化

詳しく解説します。

AIの発達により経理業務は人間でなくてもできる

経理業務が人間でなくても良いと言われている理由は以下の通りです。

ポイント

  • 人との接点が少ない業務のため代替が可能
  • 業務の発生するタイミングや繁忙期が固定されている
  • ルーティンワークである
  • 作業をマニュアル化しやすい

マニュアル化、ルーティン化しやすいためAIに作業を任せやすいというのが理由です。

会計ソフトの進化による作業の簡素化

かつて経理は専門職でしたが、会計ソフトの進化により簿記の知識がなくとも仕訳自体はできるようになりました。

そして、使用しているうちに「貸借対照表」と「損益計算書」の内容がざっくりとわかってくるようになります。

会計ソフトによってはExcelデータをインポートできるものもあります。

専門知識を知らなくても会計ソフトさえ扱えれば、経理業務ができるのです。

簿記資格はなくならない?その理由とは?

上記で簿記資格は必要なくなるという理由をまとめました。

しかし、簿記資格が必要なくなるということは考えにくいです。

理由は次の通り。

理由

  • 経理職はまだまだ人手不足のため
  • 会計ソフトを使う上でも簿記の知識が必要なため

下記に詳しく解説をします。

経理職はまだまだ人材不足のため

経理の仕事はAIで代替できると言われながらも経理はまだまだ人材不足。

パソコンが普及しても経理の仕事は減らなかったように、AIが発達したからといって経理の経理の仕事がなくなることはないはずです。

むしろスキルアップのために資格取得している人は企業からの需要があります。

会計ソフトを使う上でも知識が必要なため

会計ソフトがあれば誰でも経理の仕事ができますが、使う上で簿記の知識が必要になります。

使用しながら学んでいくのも良いですが、それには基礎の知識を習得していることが前提です。

簿記資格を習得することで、効率的に業務を覚えることができます。

会計ソフトが進化しても、作業をする人間がしっかりと知識を習得していないと経理業務に支障がでてきます。

そのため、簿記資格を取得することが大変有効となってきます。

以上のことから、簿記資格が今後必要なくなることはないと考えられます。

簿記資格を取得するメリット

簿記の知識と聞くと経理の仕事の専門スキルと思われがち。

しかし全てのビジネスマンが持っていて損はないスキルです。

「簿記資格はビジネスマンのたしなみ」とも言われており、入社後に3級を取得させる企業も少なくありません。

簿記資格を取得するメリットには

メリット

  • ビジネスを数値化して見ることができる
  • リスクやコスト感覚を身に付けることができる

ということが挙げられます。

ここでは営業職、起業家にとってのメリットをご説明します。

営業職にとってのメリット

営業職の仕事では、

ポイント

  • 提案したものがどれくらい儲かるのか
  • 新しい設備を入れたら回収までどのくらいかかるのか

など数字で考える場面が多くなります。

その際に簿記資格が活きてきます。

帳票をつける、読めるようになることで数値化することができるのです。

営業の世界では「決算書」「回転率」「原価率」「減価償却」という言葉がよく出てきます。

このような用語をきちんと理解しているかどうかで商談の際に交渉、具体的な提案が可能

顧客企業の状態を分析することで、それに合ったアドバイスをし、サービスを売り込むことができるのです。

起業家にとってのメリット

起業を考えている方には個人事業主レベルで簿記3級、会社を起業しようとするのであれば簿記2級の取得をおすすめします。

銀行からの借り入れをしたいとなった際に事業計画書の作成が必要になります。

何も知識がない状態で事業計画書の作成は難しいでしょう。

しかし、簿記の知識があると容易に進めることができます。

決算書の作成や確定申告の際にも、簿記の知識があることですんなりと作成可能

起業した会社が軌道に乗り成長すれば、金銭の絡むことは経理が担当。起業家は社長となって数字を見る役割になります。

この時に簿記の知識があると、経営状態を正しく判断ができます。

状況が悪くなってきたらすぐに気づけるので早い段階での改善案がだせるでしょう。

簿記資格が必要な理由

ここに挙げたような仕事は、業務を進めていくにあたって能力だけで判断されるような単純なものではありません。

対人の仕事は、人間性の部分を評価されることが多くあります。

取引先や社内で円滑なコミュニケーションを取ることが重要。

コミュニケーションを取ることは、AIで代替はできないのです。

そのためにも「ビジネスマンのたしなみ」として簿記資格は必要になってきます。

簿記検定は独学でも可能ですが仕事が忙しいビジネスマンは通信講座で効率よく学ぶのがおすすめ。

おすすめはユーキャンの簿記講座

うまく利用して簿記検定を取得していきましょう。

ユーキャン 簿記2級講座公式HP

※8日以内なら返品OK

まとめ

今回は、簿記資格は今後必要なくなる?取得のメリットとは、についてお伝えしました。

ポイント

  • 簿記資格はビジネスマンのたしなみ
  • 経理人材はまだ不足している
  • パソコンが普及したときと同様、AIが進化しても経理の仕事はなくならない
  • 営業職の場合、簿記の知識があることで相手企業の経営状態がみれる
  • 簿記の知識があることで決算書の作成や確定申告がすんなりできる
  • 起業家は、自社の状況を見るのに簿記の知識が役に立つ
  • 営業職や起業家など、AIでは代替できない職種がある

上記の理由により簿記資格を取得することは大変意味のあることです。

人間が仕事をしている以上、簿記資格が必要なくなることはありません

取得することによるメリットはたくさんあります。

全てのビジネスマンにおすすめしたい資格なので取得をおすすめします。

勉強する時間が取れない場合は通信講座などを活用していきましょう。

ユーキャン 簿記2級講座公式HP

※8日以内なら返品OK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!


-簿記検定
-,

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~