美術・ハンドメイドの資格

取得後は講師もできる!キャンドルマイスター資格とは【難易度・取得方法まとめ】

キャンドルマイスター資格

キャンドルマイスターは日本ヴォーグ社認定の資格で、取得すれば講師として活動することもできると人気です。

たのまなを利用して通信講座で学ぶことができ、必要な材料も付いてくるので、すぐに始めることができます!

(追記)ヒューマンアカデミーたのまなのキャンドルマイスター通信講座は終了してしまいました。

現在は日本デザインプランナー協会主催の資格であるキャンドルデザイナー資格、

日本インストラクター技術協会主催の資格であるキャンドルアーティスト資格が主流です。

それらの両方の資格取得に対応した新しい通信講座ができています。それが、SARAスクールのキャンドル通信講座です。

キャンドルのプロになりたい!キャンドルの資格を取得したい!

そんな想いがあるならキャンドル通信講座に挑戦してみることをおススメします。

 

 

(以下に、キャンドルマイスターの過去の記事内容も残しておきますが、たのまなのキャンドル通信講座は終了してしまっています)

 

今すぐSARAスクールのキャンドル講座をチェック!

SARAスクールの公式HP

※資料請求は完全無料でできます

試験なし!キャンドルマイスター資格の難易度

キャンドルマイスター資格には試験が存在しません。

後程詳しく説明しますが、通信講座で作品を作り、添削課題として提出することが試験の代わりとなります。

一応審査はありますが、講座で学んだ通りに作品を作れば問題なく合格できるでしょう。

管理人・茜
もちろん「作品がうまく作れていない」「明らかに違った作品を作っている」…となれば、審査を通ることはできません。

 

【取得方法は2通り】ヒューマンアカデミーたのまな通信講座 or 教室

キャンドルマイスター資格を取得する方法は2通り。

  • 自宅で通信講座を受講する
  • キャンドル教室へ通学する

 

【通信】基礎から応用まで全10作品が学べる充実の講座

まず、ヒューマンアカデミーたのまなの通信講座を受講するのが一般的な方法です。

 

テキストとDVDを見ながら、実際に作品を作って学んでいきます。

全部で10作品(+色見本)を作り、その作品の写真を添削課題として提出します。

※基礎が学べるスタンダードコースと応用技術が学べるアーティフィシャルコースがありますが、キャンドルマイスター資格を取得できるのは「アーティフィシャルコース」を修了した人のみです。

SARAスクールのキャンドル通信講座を詳しく知る(公式HPへ)

 

キャンドルマイスターの教室に通う

キャンドルマイスター資格を取得した人の中には、自宅などでキャンドル教室を開講している人がいます。

通信講座と同じカリキュラムで講座を行ってくれ、全15回の講座をクリアし、作品を作れるようになれば資格を取得できます。

通信講座で一人で学ぶのは不安、直接先生に教えてほしいという人におすすめ。

ただし、‟講師料”や‟場所代”がかかるので、通信講座よりも費用がかかるのが難点です。

 

講師や作品販売も!キャンドルマイスターの仕事

キャンドルマイスターの仕事は主に「キャンドル教室で人に教える」「結婚式などのためにキャンドルを作って販売する」といったことになります。

これらの仕事はキャンドルの資格を持っていなくてもできますが、資格を持っていることで信頼度が高まり、実績も積みやすくなるでしょう。

また、日本ヴォーグ社認定のキャンドルマイスターの資格認定講師として、自宅教室で『キャンドルマイスター資格がとれる講座』を開講することができます。

管理人・茜
先ほどの通学講座では‟通う側”でしたが、今度は‟教える側”になることができるということですね!

まとめ

  • 取得方法は、たのまなの通信講座 or 教室に通う の2通り
  • 試験はなく、通信であれば添削課題の提出のみなので、難易度は低め
  • 資格取得後はキャンドルマイスター資格の認定講師として活動できる

今すぐSARAスクールのキャンドル講座をチェック!

SARAスクール公式HP

※資料請求は完全無料でできます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWoman資格ナビをフォローしよう!


-美術・ハンドメイドの資格
-

© 2021 Woman資格ナビ~女性のためのスキルアップサイト~