ビジネス会計検定

持ってるだけでは意味ない!ビジネス会計検定の転職・独立の役立て方

更新日:

ビジネス会計検定 転職残念ながら、ビジネス会計検定は必ずしも転職に有利に働くとは限りません。

履歴書に記載して不利になることはありませんが、「=転職成功」とはならないのです。

つまり、ビジネス会計検定を持っている(取得した)だけでは意味ないんです!

しかし、ビジネス会計検定で学んだ知識を仕事に活かしているなら話は別。

どんな職種であれ、ビジネスは会計なしには語れませんよね。

会計の知識があれば自社の改善点を見つけたり、取引先の経営状態を把握したり・・・できることはたくさんあります。

ただ検定に受かっただけでなく、学んだ知識を生かして実務経験を積みましょう。

そうすれば転職活動において大きなアピールポイントになります。



持っているだけでは意味ない!即戦力と将来性をつけよう

ビジネス会計検定

転職で重視されるは即戦力将来性

ビジネス会計検定に挑戦する向上性に加え、その知識を実際に仕事に活かしているということは、即戦力があると見込まれます。

管理人・茜
資格を取得しただけで満足している人が多い中で、学んだことを自分の‟身”にしている人は「できる」という印象を与えますね。

 

さらに管理職には会計学の知識は必須。

今あなたがまだ若くても、「この人は会計の知識があるから管理職としてもやっていけるだろう」と将来性を感じてもらうことができます。

 

ビジネス会計検定はどんな業種への転職でも役立つ

会計というと金融業界や会計事務所への転職に強いイメージかもしれません。

しかし冒頭でもお伝えした通り、どんな職種・業種であれ、ビジネスと会計は切っても切り離せない関係です。

例えば販売員のような接客の仕事をしている場合、会計の知識は普段の仕事に関わりはないでしょう。

しかし経営者や人事担当から見ると、ただ現場の仕事(接客)だけをこなす社員よりも、会計・経営のことを理解して働く社員の方が魅力的なのは明白です。

ビジネス会計検定 転職

ただし、ビジネス会計検定は誰もが知っている検定試験ではありません。

あまり関わりのない業種であればあるほど、認知度は下がる傾向にあるでしょう。

そのため、転職活動では「ビジネス会計検定を通して〇〇〇について学び、△△△といった功績を上げました」と詳しくアピールすると良いですね。

 

ビジネス会計検定で転職先を選ぶ力が身に付く

ビジネス会計検定は転職活動でのアピール材料としても使えますが、そもそもの転職先の会社を選ぶことにも役立ちます。

転職希望の会社の業績は問題ないか、どちらの企業の方が将来性があるかなどを見極め、ベストな転職先を選択することができます。

管理人・茜
転職したものの、数年で倒産してしまった…!なんて笑えませんよね。

 

転職だけでなく、独立・起業したい人にもおすすめ

ビジネス会計検定 転職

近年、フリーランスとして働きたい人や独立希望の人が増えています。

しかし、経営学や会計学について知識がないまま独立したことで、結局うまくいかず…という人も多いようです。

独立・起業するということは‟いち”経営者になること。

経営学や会計学などについてわかっていないと事業が立ち行かなくなってしまいます。

  • 事業計画書を立てる
  • 新しい取引先の経営状態を調べる
  • 事業の見直しをはかる

このように様々な場面でビジネス会計検定で学んだ知識を活かすことができますね。

 

ただし、転職に役立つのは2級以上!

ビジネス会計検定 転職

ここまでお話してきましたが、転職で役立つのはビジネス会計検定2級以上です

正直3級は難易度も低く、転職においてあまりアピールポイントになるとはいえません。まずは3級から挑戦して、2級・1級へとレベルアップしていきましょう。




確実に1発合格するための通信講座

このようにビジネス会計検定は転職や独立をしたい人には役に立つ検定です。

しかし、転職に役立つのは2級から!

3級から順に受験するのなら、効率的に勉強して合格しないと転職活動に間に合いません。

短期間で確実に合格したいならオンライン通信講座「資格スクエア」を利用しましょう。

パソコンやスマホがあれば24時間いつでも勉強をすることができ、受講料もお値打ちなのでおすすめです。

気になる方は公式HPをチェックしてみてくださいね。

 

-ビジネス会計検定

Copyright© Woman資格ナビ~独身女性のためのスキルアップサイト~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.